HOMEへ 過去の近況報告
INDEXへ


近況報告 2019年 

7/13 楽譜図書館を作ります
7/6 ピクアの20年目が始まりました
6/29  古希を祝ってもらいました
6/23  新しいファゴットを買いました
6/15 まちなかコンサート
6/8  グーグル検索結果
5/30  アナログ人間の逆襲
5/28  友人の結婚パーティ
 5/19 今日で古希を迎えました
 4/24 バロックハウスが大忙し
3/16 バロックハウスがスタートしました
3/1 ハリアーがやって来た
2/12 今、精一杯やっていること
2/3 新車を買いました
1/16 楽譜が届きました
1/8 ミュシャ展に行きました
1/1 新年のごあいさつ

7/13

新しい行動を開始しました。
いよいよバロック音楽の楽譜図書館を作ります。図書室?(笑)

ついに今までの本棚がいっぱいになり、楽譜が溢れ始めました。



これまで何度か書いてきましたが、私の趣味は楽譜のコレクションです。
集める方針は、管楽器と弦楽器と鍵盤楽器がいっしょに合奏できる室内楽です。
(少なくともどれか二つの組み合わせならOK)
その中でも、バロック時代の楽譜は全部集めようと意気込んでいます。

親しい友人に楽譜屋さんがいるので、彼に頼んで現在出版されている
ヨーロッパの楽譜を輸入してもらっています。

それが届いたら、まず表紙にカバーをかけて、全部のパート譜にイニシャルのハンコを押して、
HPのリストにアップして楽譜の整理番号をつけ、そのシールを表紙に貼ります。

その後、各曲の内容を調べて、リストに書きこんでいきます。
各パートで使われている音域も調べて、どの楽器で演奏可能かもわかるようにします。
リストには冒頭の楽譜も載せて、youtubeの演奏を探してリンクを貼ります。
さらに、全部を演奏して「面白さ」のランクを付けようとも考えています。(これ、できるの?)

そして全部の楽譜をスキャンして、PDFデータでパソコンに保存して、
オーダーがあれば、メールでパッと届けられるようにもします。

そんな内容のリストを作るには、インターネットから拾うのではなく、
実際の楽譜を入手しないとできないことなのです。それでせっせと買っている。

気の遠くなるような手間と時間のかかる作業ですね。
まさにマッチ棒で金閣寺を作るのに匹敵します。

しかしこれが完成したら、世界一便利な楽譜リストになるはずです。
「楽譜リスト」じゃ軽すぎるので、「楽譜辞典」にしようと思っています。(笑)

今日は、今まで仕事用に使っていた真ん中の部屋の棚をカラッポにしました。
来週、業者に頼んで解体・処分します。
2004年7月から15年間お世話になりました。おつかれさま。



ここの壁面全体に新しくファイル棚を入れて楽譜用とします。
まだ注文はしていませんが、下の写真のものを買おうと思っています。
岐阜の書斎家具専門のメーカーですから、しっかりした棚のようです。
実際にはもう一列多い9列になります。こんどはスカスカ状態になるでしょう。
この棚が満杯になるときは、精も根も(懐も?)尽き果ててると思います。(笑)





7/6

ピクアの新学期(笑)が始まりました。
人生で2度目の独立開業を果して19年経ちました。
思えば遠くへきたもんだ・・・

人生、山あり谷あり、とは良く言ったもので、本当にその通りです。
先期はおかげさまで、過去最高の業績をあげさせていただきました。
19年間の年間売上のグラフがこちらです。


まさに、良い時もあれば、悪いときもある。
こういったことも、良い結果が出たときでなければ、とても話せません。
悪いときは「来月の支払いはどうしよう」っていう感じですからね。
ほんと、今だから話そう、の典型です。

開業してからは、主にパッケージデザイン業界向けに、
飲料ボトル用の材料を売って順調に売り上げを伸ばしていたら、
来ました、リーマンショック。最初の落ち込みはそのせいです。
ちっぽけな会社ですけど、得意先が超大手企業だったため、
親方がくしゃみをしたら、こちらは風邪をひく、のたとえ通り、
影響をもろに受けてしまったのです。
典型的な一社依存型だったのもまずかった。

こりゃーいかん、パッケージデザイン業界にしがみついていたら大けがをするぞ、
と思って、一般印刷の業界に向けて転写方法を開発したのです。
そして、来る日も来る日もフェアやデモで実演をして、なんとか業態を変え、
一時は、盛り返せた、かに見えたのですが、
また来ました、今度は世の中の技術革新。

立体物へのプリントは、もう転写の時代じゃなくなったのです。
つまり、厚物インクジェットプリンタが開発されて、直接プリントできるようになった。
これで一気に売れなくなってしまいました。それが2回目の落ち込み。

ところが、捨てる神あれば拾う神ありで、
そんな逆境に舞い込んできたのが、シュリンクフィルムによる
シャンパンボトルへのフルラッピング、
つまりオリジナルシャンパン用途です。

もともと得意先は大手飲料企業で、シュリンクフィルムを使って
ペットボトルのサンプルを作る材料とノウハウを提供していたため、
その技術を応用すれば良いだけでしたので、
すぐにシステムを完成させることができたのがラッキーでした。

今度は前の経験を活かして、30社ぐらいの分散受注型ですから、
何かが起こっても、青天のへきれきということにはならないでしょう。

どこかのページに書いたことがありますが、
人生何事も、あきらめちゃだめということです。

もうだめだ、と思ってあきらめたら、そこでおしまいですが、
あきらめずに頑張れば、必ず何かが起こります。
ほんと、私の人生、その繰り返しでした。

事実は小説よりも奇なり、とはよく言ったものです。



6/29

古希を祝ってもらいました@帝国ホテル

フランス料理のコースでランチをいただいたのですが、
1時から、なんと4時ぐらいまで、個室でゆっくりくつろげました。

愛想の良い(有名らしい)フランス人のシェフからもおもてなしを受け、
高校時代から家族同然にお付き合いをしている娘の友達も来てくれて、
これは忘れられないひと時になりました。


 


このケーキはレストランからのプレゼントです。ラズベリーが美味しかったです。
Aちゃん、さくらんぼをどうもありがとう。これまたとても美味しかったです。

古希っていうのも、なかなかいいもんですね。(笑)



6/23

ファゴットを12年ぶりに新調しました。
今まで使っていたものと同じメーカーの上位機種です。
左が新しいもの、右は今まで使っていたものです。



え〜〜、どうせ買うなら、今までとは違うメーカーを買えばいいのに、
と思うでしょう?それも考えたのですが・・・
しかし、結局いろいろわけあって、同じメーカーに落ち着いたのです。
他のメーカーも少し吹いてみたのですが、
もうこの歳になると、使い慣れたものの方が安心です。
メーカーが違うと、指穴の位置や、キーの配置が微妙に違うのです。
また慣れるのに苦労する。

今度のはキーの数もフル装備です。
なんとなく新しい方は見た感じがゴチャゴチャしてるでしょう?



下の写真は左手の親指が受け持つキーです。全部で11個を指一本で操作します。
ドの#(シャープ)に至っては、3つのキーを同時に押さえるという、
なんとまあ、スマートじゃないのでしょう!



今回の目玉は、今までは無かった、左手の人差し指の上にあるキーです。(下の写真)
このキーは、今まで出せなかった一番上のミの音が出せます。
(でも、そんな音はバロック音楽では出てこないけど。(笑))

つまり、まず使わないキーなのですが、
ちょっと油断すると、このように人差し指が触ってしまい、
肝心の下の方のラの音が鳴らなくなってしまいます。

そこで、今週中にでも買ったお店に持って行って、
このキーをグイっと上の方に曲げてもらおうと思っています。



正直言って、まだ前の楽器の方が吹きやすくて、音も好みだし、
なぜ買い替えたか、わけわからない状況なのですが(汗)
そうですねぇ〜、肝心な理由は「信頼性」でしょうか。
あちこち、ガタツキがきて、ちょっと湿気るとキーが上がらなくなったり・・・、
なぜか、ある音の音程が不安定になったり・・・

なんて言ってますが、まあ、つまり、
新しいものが欲しくなっただけでしょうか。(笑)
人生最後の10年(20年?)良い楽器で吹きたいという心理です。


6/15

今日は大雨、その中を「まちなかコンサート」を聴きに行ってきました。
公益財団法人 練馬区文化振興協会の支援事業の一環で、
奥のやっているフルート四重奏(よつばのクローバー)が出演しました。

場所は練馬区関町の「関区民ホール」というところです。
200人ぐらいのホールですが、この雨にもかかわらず
7割ぐらいの席が埋まって大盛況でした。

 

4人は音大時代の同窓生で、もうかれこれ10年以上活動を続けています。
おもに病院やデイケアなどの施設でのボランティア演奏です。
したがって演奏する曲も、みんなが知っている曲ばかり、
ときには「青い山脈」や「上を向いて歩こう」なんていう曲も登場します。
演奏だけもありますが、多くは聴いている人もいっしょに歌うということです。
私への指令は、とにかく大きな声で歌え、というものです。(笑)

今日は録音も頼まれたのですが、ICレコーダーをすぐ横において、
大声で歌ったので、フルートの音よりも私の声の方が大きくて、
こりゃ〜だめだ、という録音になってしまいました。
うえ〜〜、こりゃはずかしい。
ちょっと現場のシチュエーションを把握できていない指令でしたね。(笑)

本日のプログラムは以下の通りでした。

あし笛のおどり
ミッキーマウスマーチ
君をのせて(歌う)
浜辺のうた(歌う)
夏の思い出(歌う)
花のワルツ
夕やけ小やけ(歌う)
この広い野原いっぱい(歌う)
風(歌う)
小さな世界(歌う)
童謡メドレー(歌う)
(赤いくつ、しゃぼん玉、月の砂漠、雨ふり、七つの子)

はあ〜、もう喉も枯れました。(笑)


 


6/8

最近ピクアのホームページを訪れる人で、
一番多いページが、なぜか「室内楽入門」のページなのです。

このページは、趣味のページの中の、そのまた奥まったところにあり、
トップページから行きつく人というのは、よほどの音楽マニアです。
そのページが、なぜよりによってトップページの次に訪問者が多いのか、
ここのところちょっと不思議に思っていました。

その理由が判明しました。
今日、何気なく「室内楽」でググってみたのです。

そうしたら、なんと!
室内楽を紹介するトップページの、そのまたトップに
ピクアのページで使っているイラストが載っているではありませんか!
ご丁寧にピクアのURLまで表示されています。

 

これです
 

581万件の検索結果のトップの場所ですから、
これはある意味、インターネットのWEBサイトを手掛けてきた
本願成就といっても過言ではないのでしょうか。
まさに、室内楽好き冥利に尽きる快挙です。(笑)

実際の操作としては、上のイラストをクリックすると、下の8つの窓が出て、
上の中央の2つのイラストがピクアのホームページにリンクしています。
おそらくみんなその手順で訪れてくれているのでしょう。



私の趣味は楽譜の蒐集で、これまでも「室内楽 楽譜リスト」といった検索では
ほぼトップページに表示されていましたが、単独の「室内楽」といった一般名詞で
トップがとれたとは、これはもう祝杯ものです。

それにしても、そこに表示されている「piqua」って、
いったいこれは何だ???ってみんな不思議でしょうね。
今宵はニヤニヤしながら寝床につくことができそうです。(笑)



5/30

なんだか、無性に腹が立ってきたので、
また転写用品の販売を始めるかもしれません。
(何を怒ってるのかわからないでしょう?(笑))

事の起こりはこれです。リコーのハンディプリンター。


これは便利!と思って買ったのです。
商品に付ける取説CDなどに、タイトルを印刷するのにうってつけです。

2週間ほどかかって、今日届いたのです。
さて、さっそくセットアップして、なにかにプリントしてみようと思い、
説明書を読むと、パソコンからはプリントできないと書いてある。
つまり、スマホやタブレットなどからでなければだめ。え〜?
ブルートゥースも使えないとデータが送れないらしい。

まあ、しかたがない、どうせちょっと印刷するだけの用途だから、
スマホでメールを打つ程度の文章でいいや、と思い、
セットアップ方法を見ると、まず、アプリを入手しろ、と書いてある。

私はスマホは電話とメールぐらいしか使わないので、
アプリなどは買ったことがありません。
まあ、この際しかたがないと思い、ダウンロードしようと思ったら、
アカウントを入れろとか、パスワードを入れろと出てくる。
そんなもの覚えてるはずがない。入れても入れてもエラーになるので、
再設定しようと思っても、入力ができず、まったく受け付けてもらえない。
結局、今もって使える状態にならないのです。

もーーーーーーーう、嫌だ。
これは娘にでもあげてしまおう。

・・・

もう完全に時代に取り残されてしまったなあ。
団塊世代のアナログ人間には、
現代のスタンダードにはついて行けないのです。

そうこう憤慨しているうちに、ムラムラと対抗心が沸き起こってきました。
どうせこんなもの、平らな物に、白黒でしか印刷できないだろう、
そんなことなら、私が発明した「超アナログ」のピクアルの方が、
何にでも転写できるし、カラーだって、写真だってOKだし、
そんなに手間もかからないから、
こんなものよりずっと良いに決まってる。

いったん引っ込めてしまったけれど、
この際、もう一度取り出してきて、
これと同じぐらいの値段で売ろうかな、
なんていう気持ちになってきたのです。

儲かるか、儲からないか、なんていう低次元の気持ちでなく、
現代IT時代に対する、アナログ世代の逆襲です。(ゴジラかい!)

ちょっとこれから新製品企画を練ってみます。
今にみてろよ!(プンプン)


あ、現代人の方は、私のピクアルよりも、
どうぞこれを買ってみてください。良さそうですよ。(笑)
(ハンディプリンタのビデオ)


5/28

明日は毎年恒例の人間ドックに行ってきます。
9時までに食事を終えなければならないので、
そのあとは、食の楽しみが無いため、早く寝ることにします。
(普段もそんなことを楽しんではいけないのですが(笑))

先週の土曜日は、音楽仲間の結婚パーティに参加してきました。
私が行っているアンサンブルの仲間は、60歳ぐらいが中心なので、
この歳になって友人の結婚というのは、きわめて珍しいイベントです。



パーティは披露宴と演奏会を足したような形で、
1時から5時まで、ずーっとピアノや弦楽器、管楽器の演奏でした。
食事をしながらですから、わいわい話し声の中での演奏です。
つまり、少々間違ってもわからない(笑)

私も4人で演奏する曲で出番があったのですが、最後の方で、
向こう側の人の音が聴こえなくて、どこをやってるのかわからなくなり
適当に吹いてしまいましたが、録音を聴いてみたら結構合っていました。(笑)



写真係りを仰せつかり、180枚ほど撮りました。
専門の写真家の人も撮っていましたから安心しました。
娘のデジタル1眼を借りてきたら、もうちょっときれいな写真が
とれたかと思うと、それが残念です。私も1台買おうかな。



5/19

もう完全にこの近況報告にご無沙汰モードになっていますね。
理由はかなりはっきりわかっています。
アンサンブルの例会の準備・だんどりで大忙しで、
前にも書きましたが、来る日も来る日も、
同じことをやっています。

同じことの繰り返しだから、近況もなにもあったものじゃない。
よく小学生の夏休みの日記で、毎日「きのうと同じ」って
書くのににています。もう大人だから、そんな日記は綴れない。(笑)

大人といえば、
本日やっと「古希」までたどり着きました。
もう、大おとなですね(笑)

おかしな考え方だと思いますが、30代、40代のころは、
老人を見ると、うらやましくてしかたがなかったのです。

どういう意味でうらやましかったのかというと、
あの人たちは、人生を60年も70年もつつがなく生きてこられた、
ということです。

こっちはまだそんなにたくさんの人生を満喫できていないのに、
今、何かの事故か病気で死んでしまったら、
たった一度だけの人生を楽しみ損なってしまう、
その点、あの人たちはもうそれが得られたのだ、いいなぁ〜
っていう気持ちです。おかしいでしょう?(笑)

ということは、自分もそんな人生をついに得ることができたということです。
つまり、もう死んでも悔いはないということでもあります。
(まだまだ死にませんけどね(笑))

でも、若いひとには理解できないかもしれませんが、
これだけ長生きすると、死生観というのでしょうか、
人生を終えるということが、若いときに思っていたのとは
微妙に変わってくるのです。

年寄りがはばからずに「終活、終活」と口にするのは、
実は、死ぬことが、あまり負のイメージではなくなるからです。
人生のひとつの行事のような感じといえば近いでしょうか。
若い時に思っていた、死に対する怖れや不安といった気持ちが薄れ、
次の世代にどうやってうまく引き継ごうか、といった計画的、というのも
変ですが、なにかそんな事務的な感情さえも入ってきます。

これはもしかしたら人間の「動物としての本能」のようなものかもしれません。
だってそうでしょう?年を取った人たちが、みんな死を迎える不安や怖れを
抱いて生活している世の中を考えてみてください。これはもうパニックですよ。

つまり、年寄りってみんな、死ぬことが怖くはなくなってくるのです。
だって、もう十分人生を満喫したのですから。
あとは、おまけのお楽しみ、といったところです。(笑)

今日は家族で、中華料理のフルコースで祝ってくれました。
どうもありがとう


4/24

一か月以上のご無沙汰でした。
もう明日は夏日の予想です。季節もすっかり移り変わりました。

いったい、やつは生きているのか?
と心配してくれた人も・・・、いないか。(笑)

この1か月、いったい何をやっていたのかというと、
仕事はそっちのけで、趣味の音楽のことに没頭していたのです。

つまり、最近作った「日本トリオ・ソナタ協会」の
実際の演奏する場である「バロックハウス」をスタートさせる
ことに全精力を注ぎこんでいたわけです。

これがその「バロックハウス」のホームページです。
http://piqua-1.la.coocan.jp/BaroqueHouse.html

とにかく言いだしっぺですから、
何から何まで、全部私ひとりでやるっきゃない。

4月14日に第一回例会をスタートさせるまでは、
メンバー募集から、会場の手配、曲目の選定や楽器(パート)の組み合わせ、
楽譜作りをして、全員に配布、当日の進行表作りや案内書作り、
おまけに終わったあとの打ち上げの手配までですから、
それはそれは、気を抜く暇もありません。

さらに、まだ1回目が終わってもいないのに、次の5月の募集をして
また4月と同じ作業が待っています。2か月分が同時進行するわけです。
この2か月分同時進行というのは、想定外でした。

10日前に4月例会が終わったので、もうじきに6月分の募集を
始めなければなりません。

そのうえ、この「バロックハウス」とは別に、
ほとんど同じ内容で「そよご例会」というのを拙宅でやっています。
人数こそ5〜6人と少ないのですが、曲数や楽譜作りなど
やることはほとんど同じです。
つまり同時に3〜4回分ぐらいの
アンサンブルの準備作業をしなければならないというわけです。

この近況報告を書く気力が萎えていたのも
うなずいていただけると思います。

まあ、好きでやっていることですから、楽しくはあっても、
決して苦痛ではありません。
とにかく、目の前のことをがむしゃらにやって行こうと思います。

また気持ちに余裕ができたら、「近況」もせっせと書き始めます。



3/16

あわただしい半月間が過ぎました。

主に日本トリオ・ソナタ協会のことです。
トリオソナタ協会というのは、バロック音楽の演奏を
広くアマチュア音楽家の世界にはやらせよう、
という趣旨なのですが、そのオフ会として
新しく「バロックハウス」という例会を立ち上げました。

バロック音楽の好きな人集まれ!というキャッチコピーで
月に1回、第二日曜日の午後に合奏を楽しむ会です。


第一回目は14人の参加になりました。
組み合わせを作ったり、曲のメンバーを決めたり、
2時から6時までの4時間を、20分ごと12枠に区切り、
12曲の室内楽を用意して、その楽譜をPDFデータにして、
ギガファイル便というのを使って、みんなに送り届けたのです。

さらに終わったあとは、食事会をやりましょう、なんて提案もしたので、
そのだんどりも加わり、まさに忙しいの一語につきました。

さて、スムーズに出港できますやら、どうやら。
こちらがバロックハウスのHPになります。

シンボルになるすてきな絵画も見つけました。
この絵のように、フルート、ヴァイオリン、バス、チェンバロ、の
4人の組み合わせで演奏するのが「トリオ・ソナタ」です。
上の旋律楽器にはいろいろな種類の楽器が使われます。





3/1

ハリアーがやって来ました!



私のキャラにしては、ちょっと派手だったかな?
でもかっこいいですね〜、色もおしゃれなパールホワイトにしました。

Harrier をグーグルで翻訳すると「辛い」と出てくるので、
なんだそりゃ?って思っていたのですが、
本当のところは、「鷹」という意味だそうです。

お店は東京トヨペット石神井店ですが、近く名前が変わるらしい。
営業マンのSさん、これからもよろしくお願いします。


私にとって、この車の最大のメリットは、車高が高いことです。
乗り降りする時も、膝を曲げたり腰をかがめなくてすみます。
また、後ろに荷物を乗せたり降ろしたりするときも、
背中を伸ばしたまま取れるのです。
今後の10年で、もっと身体が弱ることを考えると、
このタイミングでこの車に変えたことは大正解だったかもしれません。

車検証をみたら、車体の形状に「ステーションワゴン」とありました。
なぁんだ〜、最近はステーションワゴンが無くなってしまったので、
荷物を持ち運ぶ身にとって、もうSUVしか選択肢がなくなった、
と嘆いていたのですが、これがそうだったのですか。妙に納得。

一応念のため、ということで、
外車のステーションワゴンも見てみたのですが、
ほとんどが後部座席の足元に、ボッコリとシャフトカバーの山があるので、
これは後ろに乗る娘から苦情が来そうなので、全部ボツにしました。

さて、相棒!これからよろしく頼みまするぞ!



2/12

私は芭蕉の有名な俳句、
「夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡」
が好きです。

なんと男のロマンを表しているのでしょう。
男のロマンというのは、かくもはかない性質のものです。

それでもその時、その当人たちは、
夢に向かって精一杯の力を出して戦ったのです。
今それを知っているのは、ただ風に揺れる夏草だけです。

私が今やっていること、まさにこれだなぁ、と思います。

中学卒業の日に、あこがれの女生徒にはじめて声をかけて(照れる)
「ぜひ一筆」と頼んだら、こう書いてくれました。

「いつでも どこでも、精一杯の力を出せる人に・・・」

なんだか、古希を迎える今だから話そう的になりましたね。(笑)
でも、この言葉が私の一生の信条になったのです。
これまで何度この言葉を思い返したことでしょう。

今、仕事が順調になったおかげで、
終活と称して趣味の音楽に精魂を傾けています。
何度かお話した「日本トリオ・ソナタ協会」のことです。

アマチュアのバロック音楽をもっと普及させたいという
おせっかい心満載の事業です。
かいつまんで言えば、「現代人の趣味」でバロック音楽を演奏しよう、
というものです。

実はみんな心の中では同じことを思っていても、
それを口に出せないでいたことを、
私が矢面に立って言って行こう、ということじゃないかと
ひそかに思っているのですが。ちがうかな?(笑)

みんな覚えていると思いますが、今から56年前、(え、生まれてない?)
イ・ムジチ合奏団が初来日して、ヴィヴァルディの四季を演奏しました。
日本のバロック音楽はこの時から始まったと言っても
過言ではないと思っていますが、私もその素晴らしさに感動しました。

ところが、その後、バロック音楽はどうもおかしな方向に進んでいきます。
かく言う私もその片棒を担いでいるのですが(汗)
当時使われていた楽器を使って、当時の習慣(趣味)で演奏しよう、
といった風潮です。

そのおかげで、今では一般の人からは、バロック音楽というと、
楽譜に書いてある通りに演奏するだけではだめだというし、
なんだかとっつきにくく難しそうなくせに、
演奏を聴くと、妙に抑揚がついたり、調子っぱずれで、弱々しく病的で、
これはもう、ある特殊な人たち(おたく?(笑))がやる音楽だ、
という捉え方をされてしまっているのです。

みんな、本当にそれでいいの?
フルートやファゴットにしても、今の楽器は完成度も高く、
音色は昔と違うけど、すてきな音が出るじゃない、
それを使ってバッハやヴィヴァルディを演奏した方が、
簡単だし、だれでもバロック音楽に接することができるし、
はっきり言って、楽しいんじゃない?

昔の楽器を使って演奏しよう、と言い始めたときから
自分の周りにはいっしょに合奏できる人が誰もいなくなって、
モダン楽器で演奏する人たちに比べて、
ぐっと合奏する機会が失われてしまったのです。
これはもはや、音楽文化の縮小を意味しています。
(もっとも私は両方やっているので大忙しですが。)

昔はどの時代の人も、その時代の音楽を、
その時代の趣味で演奏してきたように、
今の人は、今の趣味で演奏すればいいじゃない!
昔の良いところはちゃっかり取り入れながら。(笑)
難しいことはその道のプロにまかせておきましょう。

ということを言いたいのです。
(わ、集中砲火をあびるかも(笑))

そんなことに人生最後の時間を使って、
はかない夢で終わるかもしれませんが、
がんばってやってみようとおもっています。


2/3

新車を買いました
というタイトルにするか、

車を壊しました
というタイトルにするか、
迷ったのですが、

変なプライドから、こっちのタイトルになりました。(笑)

9年半乗っていたマークXジオ(トヨタ)から、ハリアー(トヨタ)になります。
納車は月末になるので、また詳しいレポートを書くかもしれません。



ついこの前までは、新車を買うのをやめて、
楽譜に注ぎ込みます、といっていたのですが、
思わぬことでそうもいかなくなったのです。

というのは、先週金曜日に、製本屋さんから帰る途中、
出会いがしらにトラックと接触して、
一瞬で、あ、もう買い直そう、と思ったわけです。

恥かしげも無く状況を書くと(笑)


Bが私の車です。脇道から広い道に出るときです。
そろりそろりと動いていたのですが、Aの車が止まってくれたので、
そのまま左車線に入っていったら、Cのトラックが
ズザザザーとぶつかってきたというわけです。

斜めに入って行く道なので、左側がほとんど死角になって見えないのです。
そろりそろりと走っていたので、ずいぶん遠方にいた車が、
もう間近にまでせまっていたというわけです。

まあ、客観的に言えば、私が悪いですね。(汗)
でも、ふつー、止まってくれますよね。ブブブーと文句は言われますが。
まあ、それ以上は何も言うますまい。(笑)

ということで、これがジオの最後のお姿です。(泣)
トラックの方は、幸いにも横のパイプが曲がったぐらいで、
ほとんど損傷はありませんでした。



初詣に行った北野神社の交通安全のお守りがあったので、
この程度ですんだんだと思っています。

それよりも、ぶつかった瞬間、あ、ハリアーが買える!という気持ちが湧き
その足で(レッカー車に乗って)10分ほど先にあるトヨタのお店に行って、
1時間後には買ってしまったという、
まさに衝動(衝突)買い(笑)を地で行ってしまいました。


1/16

トリオ・ソナタの楽譜集め、今年第1回目の楽譜が届きました。
今回は112曲分です。うきうき(笑)


これからすべてのパート譜に自分のマーク印を押して、
整理番号を決めてシールを貼り、
このHPの楽譜リストに書き加えます。
それが終わったら、すべての楽譜をスキャンしてPDF化して保存。

そのあとは、内容調べです。調性やテンポを書き出し、
すべての曲の小節数を数えて、演奏時間を割り出します。
いずれ、曲の冒頭のページだけを抜き出してリストに加えます。
そして、全部の楽譜が集まった時点で、
トリオ・ソナタ楽譜辞典を編纂しよう、という試みです。

手に入る出版譜はおそらく900曲程度です。目下650曲ぐらい入手済。
それ以外はすでに絶版になっているものや、現代譜としては
印刷されておらず、昔の手書き譜などになります。
それらは、IMSLPというネットにアップされているものを探して
足りない曲を補完していこうと思っています。

トリオ・ソナタが終わったら、それ以外のバロック室内楽、
四重奏曲や五重奏曲、いろいろな楽器のソロソナタも集めたいです。
さらには、管弦楽組曲や協奏曲などの室内オーケストラの曲、
それらが全部集まったら、夢のバロック楽譜図書館の完成です。
おそらくこれは、夢のまた夢です。(笑)

この世に露と落ちた我が身で、
どこまでのことができるやら。

楽譜集めを生涯の趣味とした男のロマンです。(笑)


1/8

昨日の月曜日は午後から、新宿の小田急デパートで開催されている
ミュシャ展に行ってきました。ぎりぎり最終日。




ミュシャには転写プリントの原稿という面で
大変お世話になりました。
10年ぐらい前に著作権が切れたので、
市販されている画集の絵が使い放題だったのです。
昨日の展覧会でも、絵の撮影はご自由にどうぞ、
ということでしたので、
みんなスマホでバシャバシャ撮っていました。(笑)




作品の多くは商業目的で描かれていて、ポスターやカレンダー、
本の挿絵、インテリアグッズなどにもなっています。

実際のモデルがポーズをとって描いたのですが(その現場写真もあります)、
椅子に座っている人は、たしかに普通のおばさんなのですが(笑)、
出来上る作品は、こんなに美しい人が世の中にいるのかと思うほど
魅力的な女性ばかりです。
これにはスマホのアプリもちょっとかなわない。(笑)




 

 

人は仕事をしている平日の午後にふらっと出かけて、
時間も気にせずにゆっくり鑑賞して、
横のイタリアンで、食事をしてお茶を飲んで、
インテリアや本のフロアをぶらぶらして帰ってきました。

あー、こんな優雅な自分だけの時間ってあったんだ、と、
70歳にもなろうかという今になって、ようやく気づきました。
おかしな話だとお思いでしょうが、
あれは夢か幻だったんではないだろうかという、
いまだに不思議な気持ちです。

つくづく仕事人間だったのですね。自営業者の悲しい性(さが)で、
常に「稼ぐことをしていないといけない」という強迫観念
とでもいいましょうか、平日にこんなことをしていていいのだろうか
という潜在意識からやっと解放された感じです。
さて、これから先、こういう生活に慣れるかな?(笑)

それにしても、肝心の腰と膝が弱々しくなっていることが悔やまれます。
もっと早くこんな境遇になれていたら、全然違っていたのでしょうが、
ざんねん!



1/1

新年あけましておめでとうございます

昨年中はいろいろお世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

↓写真をクリックすると合奏が流れます
(左から奥方、次女、その旦那さま、私です)




今年の抱負は、趣味を楽しみ、仕事も楽しむ、
という過ごし方をしようと思います。

もう同期生の仲間は、サンデー毎日(笑)を謳歌しています。
私も残された人生、楽しみを生きる、ということをぜひとも
やってみたかったのです。

上の画像はクリックすると音楽が流れます。
昨年の晦日に下の娘夫婦がやってきて、地下の音楽室で
娘の編曲によるディズニーの曲を家族で合奏しました。
フルート・フルート・オーボエ・ファゴット(私)です。

今年は友人を招いたり、こちらから出向いたりと、
いろいろな場で合奏を楽しみたいと思っています。
このホームページも音楽の話題が多くなるかもしれません。
私も今年の5月で70歳になります。
そんなことですので、どうぞ大目に見て下さい。(笑)

1