+

HOMEへ 過去の近況報告
INDEXへ


近況報告 2018年 
                         
6/8

今日は運転免許の更新に行ってきました。
今年は69歳の誕生日だったので、ギリギリ70歳前で、
高齢者に該当せずに済みました。

そうなんですよ、高齢者、
この言葉は今まで他人事のように響いていましたが、
今日の講習を受けて、ひしひしと「自分は高齢者」なんだ、と
実感をさせられてしまいました。

講習テキストの内容も、以前とくらべて重点の置き方が、
「高齢者」や「自転車」のページが多いように感じました。

いちばんショックだったのは、
70歳を過ぎたら、免許証の更新手続きをする前に、
高齢者講習を受けないといけないということです。

さらに75歳を過ぎると、その他に
認知機能検査を受けないといけない。

次の更新は高齢者講習だし、その次は認知機能検査です。ああ・・

そういう風にして、おまえは高齢者だ、高齢者だ、
と決めつけられると、、
なんだかプライドが傷ついたような気分になり、
そんな免許証なんかいるもんか、
なんて気持ちにもなってきます。

しかし、それでは自分が損するだけなので、
やっぱり素直に受けることにいたしましょう。(笑)

それにしても、帰りのバスの中で思ったことは、
年寄りになったのはまぎれもない事実なので、
そのことに背を向けない方が良さそうだということです。

上手な生き方、といいますか、
その年齢(自分にとってのその時代)に見合った生き方
というものを考えて、無理をせず、ゆっくり歩んで、
すっきりした生活をめざしていくべきでしょう。

前にも書きましたが、これから先におとづれる自分の時間よりも、
今の方が、まだ体力も気力も充実しているはずです。
その残っている体力と気力を発揮するときは、まさに「今」なのです。
やるべきことを後回しにするべきではない。できなくなる。

仕事も、趣味も、人づきあいも、
今このときを大切にして、やりたいことは今やろう。
「将来のために」という言葉は、
もう自分のためにある言葉ではありません。
将来はもう通り越してしまっている。(笑)

免許証更新のおかげで、今年は有意義な誕生日を迎えられました。


6/6

楽しいものが届きました。

このカラーレーザープリンタにセットする


トナーカートリッジです
実はこれは蛍光トナーです。CMYW(ホワイト)


このトナーで好きなイラストをプリントして


これはブラックライトという紫外線のLED
部屋を暗くして、この光を当てると


このイラストが蛍光色に発光します


色の紙に白でプリントして、光を当てると


暗い部屋の中で白が輝いて見えます


これでシュリンクラベルを作って、シャンパンボトルに巻けば、
光るオリジナルシャンパンができあがります。


私も蛍光色のコピーは初めてです。
いったいどんな用途があるのか、
イベントやパーティ会場で、
お水の花道(笑)に登場するような夜のお店、
ホストクラブにもうってつけです。

これから、このトナーの特性を研究して、
いろいろな用途を開発したいと思います。
転写もできるので、光るタトゥーなども面白いでしょう。
これでしばらくは退屈せずにすみそうです。(笑)


5/28

土曜日の追悼演奏会はつつがなく終わりました。




バッハのコラールを全員で

彼が晩年に所属していたバッハカンタータアンサンブルのメンバーや、
大学時代の同期のオケ仲間、ご自宅で合奏をしていたカルテットの
仲間も加わって、かつてない大楽団(笑)になりました。

客席の方も、大勢のゆかりのある方が集まり、
会堂を埋めた顔触れを見ると、みんなから慕われていた、
生前の彼の人柄が偲ばれました。

この日のプログラムです 太字が演奏曲
1 はじまりのあいさつ
2 G線上のアリア
3 黙とう/お別れの言葉
4 カンタータBWV209より シンフォニアとアリア
5 BWV508/カンタータBWV152より アリア
6 バッハカンタータアンサンブル代表あいさつ
7 カンタータBWV140より コラール
8 グノー アヴェマリア
9 マルチェロ Ob協奏曲
10 送る言葉
11 カンタータBWV147より コラール
12 おわりのあいさつ

すべての曲が、何かしらの思い出のある曲ばかりです。
集まった人たちも、30年、40年ぶりという人も多く、
彼の人柄ゆえに、みんながこの日、この場所に集まり、
私達も懐かしい人たちと再会することができました。感謝です。

昨日の日曜日は、脱力の一語に尽き、
何にもせずに一日だらんとして過ごしました。
荷物もまだ車の中です。

演奏会は大成功だったため、みんな満足した様子で、
その後の食事会も、その後の3次会も、
みんな笑顔で、昔話に花が咲きました。

天国から見ていた彼も、湿っぽい打ち上げよりも、
こんなにぎやかな席を、きっと望んでいると思いますし、
絶対に喜んでくれていたと思います。

どうぞ安らかにお眠りください。

G線上のアリア

黙祷

お別れのことば

カンターターBWV209

カンタータBWV152

BKE代表あいさつ

グノーのアヴェマリア

マルチエロObコンチェルト

バッハBWV147コラール





おわりのあいさつ



5/24

あさっての土曜日は、いよいよ友人の追悼演奏会です。
昨夜は受付のロビーに飾る写真を、パネル仕立てにして作りました。
ご家族から提供していただいた写真と、私が持っている昔の写真を
拡大コピーして、ラミネートをして、ボードに貼り付けました。



合奏団は今年で創立46周年です。彼が合奏団で活躍していたのは
かれこれ30〜45年前です。結婚して千葉に移り住んでからは、
地元でバッハカンタータを専門に演奏する合奏団の創設に参加し、
最後の20年間は、そこでヴァイオリンやヴィオラを弾いていました。

ヴァイオリンを愛し、バッハを愛し、山を愛し、あ、もちろん奥様を愛し、
まだまだやりたいことをいっぱい残したまま旅立ってしまいました。

日本に2提しかないという、肩に当てて弾くチェロを入手して、
(もちろん小さいのでしょうね)先日行われた定期演奏会で
弾く予定だったそうです。やむなく普通のチェロで弾いていた方は
高い音域で動く、細かい音の連続に、それは大変そうでした。

写真を探すと言っても、まずはアルバムを探さなければなりません。
去年の引っ越し騒動で、なにがどこにあるのやら、
やっと探し当てて、懐かしさに見入ってしまいました。

どの写真もみんな屈託無く笑っていて、人生の疲れとは無縁の時代です。(笑)
あたまのてっぺんもみんな黒くふさふさ、私もなんと細かったことか!
女性も皆可愛いし(あ、今でも)、今は夫婦のオーボエとソプラノの
ソリストは、どこの国の王子様と王女様?といったかっこ良さです。(笑)
当日は二人して、広島から駆けつけてくれます。

思ったのは、つくづく合奏団を作って良かったなあ、ということです。
今はわずか6人ぐらいで、ほそぼそと、しかし月に1〜2回確実に、
集まってバロックの室内楽を楽しんでいますが、
こういうことがあると、昔いっしょにやっていた仲間が、
あちらからも、こちらからも集まって来てくれます。
集まってこれる「ところ」を残してこれたという喜びがあります。

もうこれは、一生続けるしかないでしょう。


5/14

一昨日の土曜日は長女の結婚式でした。
これでめでたく娘ふたりとも片付きました。
うわさに聞いていたさびしさも、悲しさもまったくありません。
嬉しさと、ほっとした安堵感と、感謝の気持ちだけです。

自営業という稼業はそういうものかもしれません。
やれやれやっとここまでたどり着いた、といった感じです。

あまり家族や親せきには知られたくないのですが(笑)
まあ、もう書いてもいいでしょう。
恥ずかしさとは縁の切れた”年寄り”になりましたからね。

二人の娘が中学生と高校生になったころが、
生活的には一番の苦境だったのです。
勤めていた会社が倒産して、
やむなく独立開業してピクアを作りました。

ゼロからの出発どころか、前の会社の借金も一部肩代わりし、
2000万円のマイナスからのスタートです。
(つまり、借金2000万円を背負って開業したわけです。
信金にも助けられて、10年後には無事完済しましたが。)

営業的にはまさにゼロからのスタートです。
パッケージデザイン協会から会員名簿を譲ってもらい、
デザイン会社を1件1件回ってデモンストレーションをし、
転写セットを売って回りました。

たった一人での戦いですから、思うように売れないときや、
お金が足りなくなってきたときなど、
くじけそうになることもしょっちゅうでした。

そういうときに、心を支えてくれたのは何かというと、
たった1枚のパンフレットだったのです。

それは大泉学園駅前の再開発の2つ折りのパンフレットです。

言うのもなんですが(笑)、大泉学園はとっても素敵な街です。
静かで整った町並みと、住宅の佇まい。学校も近く、買い物も便利。
しかし駅前はというと、スーパーはありましたが、小さなお店が集まった、
郊外のなんの変哲もない(あまりおもしろくない)駅周辺でした。

そこが再開発によって、7年後にはおしゃれで近代的な街に
変貌するというのです!(わーい)

完成するころには、娘たちも高校生、大学生になっていて、
ひとりでショッピングも楽しめる年頃になっています。
学校の帰りに、ちょっと寄り道をして、すてきなお店で
買い物をしたり、お茶を飲んだり、それは楽しいだろうなあ。

これはなんとしてでも、石にかじりついてでも、
この街から離れざるを得ない状況になってはいけない。
がんばらないと!
(会社がおかしくなったら、家も手放さなければなりませんからね)

そこで、そのパンフレットは、営業カバンに入れて常に持ち歩き、
折にふれては取り出して、未来を想像し、
これが完成するまでは、歯を食いしばってでもがんばるぞ、と
自分を励ましていたのです。

完成は遅れに遅れて、すでにふたりとも
学校を卒業する歳になっていましたが、
私のカバンの中には、役目を終えてボロボロになったパンフレットが
捨てるに捨てられず、入ったままになっていました。

思えばそんな時代もあったなあ、と
今は、しみじみと思い返しています。


5/10

今年も無事にコピレタシートが届きました。去年は8月2日でした。
メタリックの転写紙も、この紙にメタリックインクで刷って作ります。

午前中は雨だったので、気をもんだのですが、
午後、晴れ渡ってから着いたので、濡れずに済みました。やれやれ。



これでだいたいA4判にして10万枚ちょっとです。
つまり、8000mロール1本からそれぐらい取れるのですね。
(トリビアになるかな?)

今年はちょっと工夫をしました。それが上から見たこの写真です。



3分の2はA3判、3分の1は正方形(笑)です。(笑うところか?)
40年間印刷関連の仕事をしてきましたが、折り紙は別として、
正方形の紙って、まず見たことはありませんから。

切り方はこうです


従来は、3分の1の部分は、ヨコ向きのA3判で切っていたのです。
そうすると、タテ目:ヨコ目の紙が、だいたい3:2の割合でできます。
それが一番沢山とれる切り方なのですが・・・

ところが最近は、ほとんどタテ目の紙しか使わなくなったのです。
前回はそういうことで、完全3等分にして
全部タテ目でカットしたのですが、
なんだかんだで、やっぱりヨコ目も多少は必要です。

そこで考えたのが、この方式、
こうしておけば、正方形の部分は、後からタテにもヨコにも切れます。
いざとなったときに困らない、実に安心感のある方法です。
おまけに、取れる枚数も3等分の場合と同じです。

おそらくこの正方形の紙は、ずーっと無くならないでしょうから、
次からは心置きなく、全部タテ目にカットしていけば良い、
ということになると思います。

・・・書き終えて、
今回の内容はほとんど誰の役にも立たないものでしょうね。
昔、ワニの捉え方、なんていう本が出ていたと思いますが、
役に立たないという点では、この話もひけをとりません。

でも私にとっては、こうやって書いて記録しておけば、
何年か後に、ああ、そうだったそうだった、と
なにかの折りに役立つかもしれません。

まあ、たまには、こんなマニアックな話題もいいでしょう?
お付き合いありがとうございました。(笑)


5/6

早い早い、今年も、もう5月になってしまいました。
月日の経つのは猛スピードですね。
いつからこんなに早くなったのだろう?

昨日の合奏団の練習の様子です。(またまた音楽の話題だ〜)







広島の柴君がはるばるやって来てくれて、今日かぎりの事前練習です。
残念ながらソプラノの奥様は風邪をひいてしまって欠席です。
もう本番前のリハーサル(全部で1時間)しかありません。
それでも、なんとかなるんでしょうね。(笑)

合奏団は今から46年前に、まだ私が大学4年生の時に作りました。
ヴァイオリンの山本君が弦の人に声をかけ、
当時フルートだった私が木管の人に声をかけて
バロック音楽専門の室内オーケストラを作ったのです。

この間まあ、あれこれあれこれ、楽しいことや嬉しいこと、悲しいことも
ありましたが、ほぼ人の一生に匹敵する時を過ごしているわけですから、
それも当然と言えば当然のことでしょう。

今月26日の追悼演奏会では、
プログラムにマルチェロのオーボエ協奏曲をやることにしました。
昨日わかったことなのですが、なんと40年前の第6回定期演奏会で
亡くなった波田野君がコンサートマスターを務め、
柴君のオーボエで、まったく同じ曲を共演しているのです。
あまりの偶然に、昨夜はみんなびっくりしていました。
当時は波田野君が24歳、柴君はまだ21歳で音大の学生でした。
(とっておきのトリビア、N響オーボエの茂木さんは彼と同級生です!)

練習が終わってから、近くの和食レストランで
ささやかに打ち上げをしたのですが、
気分はみな青春時代に戻って、時間を追ってテンションが上がり、
最後は他の席の人に申し訳ないほどのはしゃぎようでした。
(お酒も入っていないのに)
夜も遅かったので、席もまばらだったことが幸です。(笑)


4/29

音楽の話題が続きます。
昨日は次女がグループを組んでいるバンドのライブに行ってきました。
いつもはフルートとギターの2人で活動しているのですが、
昨日はサウルハープを加えてのライブでした。



ここは小田急線・下北沢にある「ブレス」というビートルズバーです。
下北沢というところは、わずかに起伏のある地形の街に
小さいお店がたくさん集まって、街全体が雑貨屋さんのような雰囲気で、
若い人たちがわらわら歩いて、買い物や食事を楽しんでいます。
昨日は暑くなく寒くなく、良いお天気でしたから、
私もブラブラ歩いて、カフェでお茶をしたりしてきました。

演奏はビートルズナンバーを中心に、カーペンターズなども交えて
ソロあり、デュオあり、トリオありで、ウクレレまで登場して
いろいろな楽器の音色を楽しめるバラエティ豊かなプログラムでした。

ハープというとちょっと馴染みの薄い楽器ですが、
こういった小型のハープなら、家庭で手軽に楽しめるし、
持ち運びも楽ですから、なにか趣味で始めたいなという人には
うってつけかもしれません。
リコーダーとデュエットなどをしたら楽しそうです。
ちょっとした貴族気分も味わえますね。(笑)








4/26

先週末の日曜日は、バロック音楽のアンサンブルの会に参加してきました。
土日の2日間だったのですが、私は土曜日が合奏団の練習と重なったため、
後半の日曜日だけの参加となりました。

この会は昔使われていた楽器(といっても忠実なコピー楽器)を使って
その当時の音色を再現しようという趣旨の合奏です。
鍵盤はピアノではなくてチェンバロ(ここでは電子チェンバロ)
弦楽器はバロックヴァイオリンやチェロ、ヴィオラダガンバ、
管楽器はリコーダーや、キーが一つしかついていない木管のフルート、
私はバロック時代のファゴットです。

私はカメラマンだったので写っていませんが、合奏はこんな感じです。

みんな恥ずかしいので顔出しNGです。以下同様(笑)

私が行く前日は夜中の2時まで酒宴だっとのこと。
みんな半分はそれが目的なんでしょう。(笑)

日曜日は朝から合奏をしたあとは、オーナーの粋な計らいで
焼肉パーティーとなりました。ごっつあんでした!
音楽も満点、天気も満点、風景も満点、料理も満点、まさに天国状態です。
こんなことしていたら、いつか耳が長くのびて、しっぽが生えてきそうです。
帰ってきてからも、あれはきっと夢か幻だったんだ、と、
しばらくは現実気分に戻れませんでした。(笑)

こんな素晴らしい景色を見ながら
あの山は榛名山、その手前は伊香保温泉

自然に囲まれたテラスで(この2つの写真は先回撮ったものです)

新緑の中でのバーベキューに舌鼓を打って、

幸せの限りをつくしました。いや、申し訳ない!


さて、次は10月の予定とのことです。
ここのテラスで見る星は、まるで手が届くかのように近くに見えます。
ギンギラに輝くオリオン座を見るのが楽しみです。


4/14

今夜は合奏団の練習でした。



今年一月に、古くからの合奏団仲間のひとりが亡くなったのです。
私とは大学オケ時代の後輩でもあります。奥様も後輩で、
お二人とも楽器はヴァイオリンです。

ほんとうに突然のことで、昨年の11月に、なんだか様子がおかしい、
ということで病院に行ったら、そのまま入院、2か月もたたないうちに
帰らぬ人となってしまったのです。

ご葬儀はお身内のかただけで行われたため、
合奏団が中心となり、彼が最後に所属していたアンサンブルや、
大学時代の同期の仲間など、親しい人が集まって、
追悼演奏会をすることにしました。
今日はその3回目の練習だったわけです。

メインの練習日は5月5日です。
その日には、もう30年以上も昔、当時いっしょに合奏をしていて、
今は広島交響楽団でオーボエを吹いている友人とその奥様(ソプラノ)も、
ご夫婦で練習のために上京して来てくれます。

その日は一夜限りの、まさに一発勝負の練習ですから、それまでに
みっちり練習を積んでおこうと、
目下、練習のための練習に励んでいるといったところです。

演奏会場は、5年半前にやはり二人の元団員の追悼演奏会を行った
文京区護国寺にある同仁キリスト教会です。

もし彼にゆかりのある方がこのページをご覧になっていましたら
私の方までご連絡ください。ご招待状をお送りいたします。


当日のメンバー。ここに合唱団10人が加わります。



4/13

お金が1分間で10倍になったお話

昨日、銀行口座をインターネットでチェックできるサービスを
いじっているうち、間違ったボタンを押してしまい、
あれこれ訂正の操作をしているうちに、パスワードにロックが
かかってしまいました。

しかたないので、今、銀行の窓口まで行って書類を提出し、
パスワードの再設定を終えて帰ってきたところです。

帰り道に、ピクアの隣にある「石庭の森緑地」という
四季折々ご紹介している公園を散策してから
帰ろうと思って、寄り道をしてきました。
すがすがしい若葉に囲まれて、とても良い気持ちでした。



道の途中に大黒さまがおわします
とてもかわいらしいお顔です。


見ると、お賽銭があげてあります
そこで私もさいふから10円を乗せました


そのあと、向こうに見える東屋で腰をおろして一休みしようと思い


近寄ってみると、あれあれ
100円玉が落ちています(笑)


これはまあ、ありがたくいただくほかはないでしょうね
大黒さまの粋なはからいに感謝をして。
帰ってきて、ピクアの神棚に奉納しました。(笑)
50円玉を置いた人は、500円だったのかな?

今年も竹林に、たけのこがにょきにょき生え始めていました
今年は掘られないように、周りに紐が張られ、
一つ一つの横に棒を立てて、完全棒備(笑)です。



4/3

ピクアの北側の入り口の前に1坪ほどの盛り土があり、
この暖かさで、つくしんぼが一斉に顔を出しました。



ここのところ穏やかな日々が続いたせいか、
ついつい油断をしてしまい、
お腹の出っ張りが危険水域を越えてしまいました。

ちょっと前にお好み焼きダイエット!なんて自慢していたのですが、
もうとっくに飽きてしまっています。(笑)

しかし、もう後が無い、今やらなければ、
夏の薄着の季節に間に合わない。もうすでに遅いかも。(汗)
ということで、何度目かのダイエットをしようと思い立ちました。

いつも自分勝手にやり方を考えるのですが、(笑)
今回はこれに一役買ってもらおうと思っています。

ジャーン!味の素のスープパスタ


つい数週間前に、近所のいなげやさん(スーパー)で見つけて、
3種類買って食べてみたのですが、これがたいへん美味しい。

お湯を注いでかき混ぜ、3分間待てばでき上りです。


中にはクルクル巻いたマカロニが入っています。


さて、これでどうやってダイエットするのかですが、
美味しい上に、低カロリー160Kcalしかありません。
それなのに、12時に食べたら、5〜6時までお腹が持つのです。
たぶんデンプンでとろ〜っとさせてあるからでしょう。

朝はバナナ1本を刻んで、フルーツグラノーラを少し足して
牛乳を入れて、これでもう3〜4年続けています。
これで12時まで持ちます。
そしてお昼はこのスープパスタでしのいで夕方まで持たせる。

おお、なんと低カロリーなんでしょう!

したがって、夕食は思いっきり(といっても量は控えて)
普通の食事をします。

この夕食はなんでも食べられる、というのがポイントです。
夕飯は思いっきり食べるぞ、という期待感があるので、
朝・昼はささやかな量でも、ガマンできるのです。

これまでのダイエット食に比べて、今回のメリットは
種類が豊富なこと。
つまり、キャベツサラダだけ、お好み焼きだけ、というのに比べて
飽きが来ないのではないかと思うのです。

と、うんちくを並べましたが、
さて、どんな結果がまっていますことやら。
こればかりは結果がすべてですからね。(笑)


3/31

2017年度も今日で終り、明日から新年度です。
今年はずいぶん区切りの良い終わり方ですね。(笑)

恒例によって、この一年間の仕事を振り返っています。
たった一人でやっている、相変わらず似たような仕事でも、
その時々でいろいろな変化や、紆余曲折があるものです。

よく言うのですが、自分が変わらなくても、
周りがどんどん変わって行ってしまう。
こんな細々とした仕事でも、平坦なお花畑が続いていることもあれば、
立っていられないような大嵐に遭遇することもあるのです。(笑)

この10年間は、まさにそんなことの繰り返しでした。
よくまあ御無事で、という言葉がぴったりです。(笑)

28歳でリコーから独立開業して、今年でちょうど40年です。
この間、何度か会社が潰れるほどの状況になった事があったのですが、
その原因には共通点があります。

それは良く言われている、「一社依存型」というやつです。
そういう形に落ち着くと、たいへん経営が「楽」なものですから、
ついつい、おんぶにだっこ状態になり、新規営業がおろそかになります。

ところが、社会の環境の変化で、その親方の経営が怪しくなってくると、
経費節減とやらで、もろにこちらにしわ寄せが来ます。
米国がくしゃみをしたら、日本は風邪をひく
というアレです。(笑)

まあ、自慢になってしまうのかもしれませんが、
「芸は身を助く」のたとえ通り、
その都度ピンチを救ってくれたのは、転写という独自技術が
あったからに他なりません。

捨てる神あれば、拾う神あり、で
そういったときは必ず、新しい宿主が現れるものです。
ヤドカリかい!(笑)

現在の状況はどうかというと、
ロッシーニのウイリアムテル序曲ではありませんが、
ひどい嵐が過ぎ去り、おだやかな光が差し始めたといったところです。
まあ、いつまた嵐になるかわかりませんから、油断は禁物ですが。

それにしても、教訓は生かさなければ意味がありません。
それはとりもなおさず、「一社依存型」を避けるということです。

そうすれば、世の中に不景気が訪れたとしても、
ある日突然、青天のヘキレキ!ということにはならず、
徐々に曇っていくでしょうから、
対策をたてる時間も十分とれることでしょう。

話しは変わって、
30年も転写をやっていてわかったことがいくつかあります。
それは、パーソナル市場というのは無い!ということです。
それから、キリヌキ転写の需要は無い!ということです。

ずいぶん乱暴な理屈のように思われるかもしれませんが、
実はこれ、真理を突いていると思っています。
この意味を説明するには、この欄は小さすぎますが、
これからそういったお仕事を始めたいという方は、
一度このことを考えてみてください。損はしないはずです。

それでは、4月からまた新しいビジネスを展開していきます。
これからもどうぞよろしくお付き合いください。


3/15

さて、また難題が降りかかってきました。
みなさんも一緒に考えて、悩んでください。(笑)

例の500mlのスクイズボトルですが、
今日、突然メーカーからFAXが入り、なんと
常時在庫は終了して、今後は受注生産品になるというのです。
今までは1ケース144本入りで、必要な都度購入できたのですが、
これからは、オーダー生産で3000本がロットだというのです。



これは参りましたね。(まあ、生産終了よりはましですが)

3000本なんていうと、お金も問題ですが、
それ以前に、置き場所がありません。
布団が入るような大きなダンボールケースが20箱ですよ。
まかり間違えて、買ってしまったということになっても、
そんなに注文が来るかどうかの方が大問題です。

せっかく立てた企画ですが、しかたない、やめるか!
企画、というのは、こちらで用意してある素材にプリントする、と
いうことです。持ち込みの素材なら何の問題もないのですが。

私としては、定番であるTシャツ、マグカップ、スマホケースに次ぐ
次期有力オリジナルプリントグッズと捉えていたのですが。

オリンピックも控えていることですし、
こういったスポーツ系の便利グッズで、
しかもプリント面積が十分確保できていて、
価格も手ごろ、というものはなかなかありません。
他にありそうですが、これといった代替品もみつかりません。

350mlのスクイズボトルはあります。(常時在庫)
女性にはそちらの方がスリムで使いやすいでしょう。
お出かけのバッグの中にいれるにも適しています。
しかし、プリント面積という点では、マグカップやTシャツに次ぐ、
というにはちょっと貧弱感が否めません。



わんちゃんのお散歩用ボトルというのもありました。




これもそれなりに面白いと思いますが、
ちょっと対象が狭いですね。ワンちゃんだけですからね。
ねこはいっしょにお散歩しないし。

スポーツをやっている人と、お散歩する犬と、
どちらが数が多いだろう?

もっと、こう、Tシャツやマグカップのように
だれにでも関係しているボトルが欲しいですね。

もっともこういうことを考えるのは、
大量に商品を普及させようと思っている大メーカーの仕事であって、
(大メーカーなら3000本なんて少ない部類でしょうし)
東京の片隅の、一個人商店の考えることではないということも
重々承知はしているのですが、
私にとっての仕事の愉しみっていうのは、
そういうものでもないのです。

まさに出鼻をくじかれた格好になりましたが、
捨てる神あれば、拾う神有りで、
今日来た人が、ありがたいお話をもってきてくれたので、
そちらの路線にカジを切っていこうと思います。

それはまた後日ご紹介しましょう。


3/11

沖データのカラーレーザープリンタが2種類並びました。



左側の大きいのは、MICROLINE−VINCI C941dn、
右側の小さいのは、COREFEDEーC811dnです。
どちらもA3判がとれるプリンターです。

大きい方には、CMYKの他に、ホワイトのトナーが入っています。
小さい方は、ブラックのトナーを、ホワイトに入れ替えて使います。
つまり、カラー画像に白打ちをするためのものです。

これまでピクアでは、部分的に白打ちをする場合は、
白い箔を抜いて、カラー画像に合成していましたが、
ここにきて、そんなことをやっていられない状況になったのです。

その理由は、メタリックのシュリンクラベルを作るためです。
先にご紹介した、金銀やメタリックの赤青緑などに
カラー写真を乗せるには、
どうしても下に白を敷かなくてはなりません。

人物の写真が主になりますから、そうなりますと
箔を抜いて、なんていうやり方では無理があるのです。
ましてや一度に何百枚も作るとなると、
作業的に手間も時間もかかり、
勘弁してくれ〜ということになります。

ところが、白がプリントできるレーザープリンタというものは、
事実上、この左側の沖データVINCI-C941dnしか無いのです。
しかし140万円もする代物です。ちょっとためらいますよね。

そこで、実勢価格5万円以下で売られている
右側のC811dnに、白トナーを入れて使おうというわけです。

もちろん一気にCMYKW(ホワイト)の5色刷りはできませんから、
まずWだけで印刷しておき、その上にCMYKで2度刷りをします。

これから実験することは、いかにしてその2つの画像を
ぴったり合わせて印刷することができるかどうかです。

目下、前後はほぼ合いますが、左右が0.5mm位ずれます。
おそらく熱による紙の伸び、左右のガイド板のずれ、などでしょう。
大きな写真や絵でしたら許容範囲内ですが、
小さな文字の場合は確実に2重になってしまいます。

2度刷り以外にも、転写紙を使って合成するなど、
他のアイデアはあるのですが、
これが一番作業が簡単な上、安上がりにできる方法です。

物理的にどうしようも無い場合は、
下の白い画像をわずかに小さくしたり(通常はこの方法をとる)
デザイン的に、画像の周りを白フチにしたり、
下の色と同じ色で画像の縁をかがったり、
細い線には白打ちをしなかったり、、
いろいろな手はありそうですが、
来週はこのプリンタと格闘することになりそうです。(笑)


3/7

やっと本物の暖かさが訪れてきたような気がします。
しかし、まだまだ油断はできません。(笑)

プライベートの活動の中で、こんなことがありました。
幹事から会員宛に送られてきたメールなのですが、
「開封確認要求」が付いてきたのです。

これは非常にコミュニケーションを損なう機能ですから、
相手は目上の人だったのですが、若婆心ながら、ということで
すぐに返信でそのことをお伝えしました。

その、ことの顛末をご紹介しておきましょう。

以下、メールのやりとりです。

○○様
おはようございます。メールありがとうございました。

ちょっと気にかかったことですが、
「開封確認要求」という機能はあえて使わない方が
ベターかと思われます。
ちまたではあまり評判はよくありません。

「要求しています」という語句が届くのですが、
おそらく英語のdemandを直訳したものではないかと思いますが、
日本的な言葉ではないのです。

本来日本的には「開封確認のお願い」という言葉に
しないとまずいのですが、
若者が訳したせいか、要求と言うと相手に非常に高圧的な
印象を与えてしまいます。
仕事でもまれにこの文章が届きますが、
私の場合は完全に無視しています。

若婆心ですが、ご参考までに。
お気に障りましたらお許しください。

「開封確認要求はマナー違反?」
https://matome.naver.jp/odai/2142603398668790801

・・・その返信・・・

それは大変だ。
「開封確認要求」を付けた気はありません、
なぜついたかもわかりません。
どうしたら取れますか、お詫びのメールをしなければならない。

・・・その返信・・・

そうでしたか!
このメールにもまた付いてきました。

上のコマンドバーの重要度の項目の下に
□開封確認 という文字がありませんか?
ここの□にチェックが入っていると思いますので、
それを外せば良いと思います。

・・・

とまあ、本人も気づかないうちに、相手との関係が
なにやらぎくしゃくしたことになってしまうこともあり得ます。
だいたい日本で「要求」という言葉を使う実例としては、
「身代金要求」とか「賃上げ要求」とか、
多くは両者が対立関係にある場合です。
つまりある意味、相手に敵意を持って使うケースが多いので、
みなさまも、十分お気を付けください。


2/25

最近私が、歳だ歳だ、というものですから(笑)
不安にかられたお客様から、万一私の身になにかあったら、
材料の供給はどうなってしまうんだろうか、と聞かれました。

当然ですよね、ピクアがやっていることは100%私の発明品です。
つまり、他では売っていないし、入手はまず無理です。

私は80歳までは絶対に仕事を続けようと思っていますし、
できることなら死ぬまでやっていたい。おもしろいですし、
体力もいらないので、それが可能な仕事内容ですから。

それにしても、あと10年ちょっとですね。
お客様からすれば、会社は30年、50年と続くわけですから、
そんな近未来的な話じゃ困る、というところでしょう。

もちろん、後継ぎのことも本気で考えています。
誰が継ぐか(女房か子供たちか)はわかりませんが、
いずれにしても、私じゃなきゃできないような
難しい仕事ではとても引き継ぎはできないでしょう。

そうなんです、そのためにも、これからの10年間は、
無駄なものを捨てて、無理なことをやめて、
だれでも簡単にできる仕事にまとめあげていく必要があるのです。

それが、先日の発言の本意なわけです。
つまり、「断捨離!」です。

100種類ある材料のうち80%は売上も利益も上がっていません。
もうかっている20%の材料に絞れば、
それだけ技術的にも覚える必要が無くなり、
製造する手間もいらなくなり、
在庫負担もスペースも縮小でき、利益も上がります。
リタイアするまでには20%と言わず、10%ぐらいにまで落とせれば、
後継者に引き継ぐことは簡単になるでしょう。

そういった手をこれから打っていきます。
まだちょっと寒くて体が動きませんが(笑)
来月になったら、ぽかぽか暖かくなるでしょう。
そうしたらさっそく、倉庫のものを捨てに捨てようと思います。

転写のレシピも、さすがに多すぎます。
ひとつひとつの技術に、思い入れも愛着もあるのですが、
この際、楽しいだけのものには去ってもらい(笑)
利益の上がるものだけに集約して行こうと思います。

未練はありますが、どうせ死ぬときはやめなきゃいけないのですから、
私が生きているうちに、その技術に、私の手で引導を渡しましょう。
それが生みの親の責任というものでしょう。


2/22

来月は、こんなものを新発売します。



シュリンQ用のメタリック転写シートです。合計12色。
これでシャンパンボトル全体がメタリックに輝くものが作れます。

しかし、それだけではつまらないので、
従来から持っている金銀の転写箔を使って、
全面メタリックのベース上に、
これまた金箔・銀箔で文字や模様を乗せます。



もちろん、カラープリンタを使いますから、
フルカラーや単色トナーで、光らない写真や文字も入れられます。

めちゃくちゃ派手でしょう?(笑)

これ、最近の「インスタ映え」の受けをねらったのです。

発端はこれです。
シャンパン「アルマンド」

今、ちまたでは、このシャンパンで大騒ぎをしています。
1本4万円ぐらいします。

それもあって、お客様から、こういった感じにできないか?
という問合せを受けて、いろいろ模索をしていたのです。

結論から言うと、これはボトル全体に真空蒸着(メッキ)をしています。
そのメーカーに問い合わせたところ、
まず、相当な高温になるということと、空の状態で逆さまに
しておかないと蒸着できない、と言われて、
あちゃ〜、こりゃ無理だ、となったのです。
つまり、お酒のメーカーならではの成せる技だったわけです。

そこでひるむことなく、いろいろ考えて試行錯誤をしたのですが、
この逆なら行けそうだ、ということになりました。

つまり、全体はピッカピカの金ではなくて、
印刷インクの金でがまんしよう。
その代り、その上に乗せる文字や模様を
ピッカピカの金箔にするのなら可能だぞ!
というわけです。

金箔で全体をやったらどうなの?と考えられますが、
金箔というのは、ベースはアルミ箔なので、ネックの部分など、
少しでも収縮させると、細かいシワになって艶が消えてしまうのです。

で、ここまで試作を繰り返してきたのですが、
どうにか目論見どおりに仕上がる材料が作れました。





しかし、次なる問題が!

材料の種類が一気に増えて、
こんなにたくさんの紙を置く場所が無い!

そうなると、やることは一つです。
断捨離!(笑)

もう老い先長くないことだし、何年に一回しか注文のこない材料や、
半分趣味で作った面白材料や、いたずらにスペースを増やす材料は
この際、一切捨ててしまおう。
なんだかんだで、こんなにあるんですよ〜(汗)

ということで、今朝はさっそく「アイロッピー」の販売を終了しました。
これは「はがきサイズ」の材料を使う商品ですので、
同じ種類でありながら、サイズ別に別のスペースを必要をしていたのです。
もうこれからはA4サイズ1種類に統一しよう!

アイロンも山ほどストックしていますが、
これはオプションにすればいいことだし。

ということで、今後、どんどん販売終了する材料が増えて行きますので
必要な方は、無くなる前にある程度の量の確保をしておいてください。

と言っても、主要材料は止めませんからご安心ください。
よろしくお願いいたします。


2/18

昨日(2/17)のつづきです

さて、方法論の話しですが・・・

結論から言うと、これまで30年余り、材料屋に徹してきましたが、
これからは、加工(プリント)サービスも始めよう、ということです。

ちょうど40年前、私は独立開業してプリントショップを始めました。
その当時は、白黒のコピーサービスと、白黒のオフセット印刷で、
演奏会のチラシやプログラム、会社の資料などを受注していました。
毎年11月になると、これまた白黒で年賀状の印刷もやっていました。

つまり、本当は私の得意分野は、物売りよりも、加工業の方なのです。
そこで、昔取った杵柄とやらで、もう一度加工サービスをやってみよう、
と思ったわけです。(結構単純な方法論でしたね。(笑))

今は「材料販売」の方で一定の売上げがありますから、
それにプラスオンしていこうというわけです。

で、何をやるかというと、私にできることでなくてはなりません。
幸い、白トナーの搭載されたレーザープリンタもあるし、
転写の機械や材料なら、売るほど持ってるし(笑)
やっぱり、それを使ったビジネスですね。

それにしても、最近は立体物にも直接プリントできる
厚物インクジェットプリンタも出てきていることですし、
それらに勝るものでなくては、大きな会社にはかないません。

幸い、といっては変ですが・・・
以前は私の転写材料を使ってPETボトルのダミーを作っていた会社が
他の方式に変えてしまったりで、今はほとんど使われていません。
(だから売上が落ちて困った経緯があるのですが)

ということは、私がその世界(業界)に乗り出していっても、
全然かまわないということを意味しています。
(やっぱり使ってもらっている場合は、義理がありますからね)

そういった経緯で、新しいコンセプトのお店を始めようと決めたのです。
それがこれです。



まだ、オープンはしていません。これはゲラ刷りです。(笑)

PETボトル1本につき、基本的に1000円でやります。
たぶんデザイン業界では最安値になるはずです。
普通、1本だけ作る場合は1〜2万円もしていますから。
それができるのも「シュリンQ」あってのことです。

やるからには、製造面でのキャパを確保しておく必要があります。
やり始めてから、できません、とは言えないですからね。(笑)

まかり間違えて大量注文でも来てしまったら(それは嬉しいですが)
私以外にも作れる人を養成しておく必要があります。
そういった準備をこれから始めます。

あまり急ぐ必要はないので、今年1年をかけて、
ゆっくりやろうと思っています。

今後、まだまだ言うことが変わるかもしれませんから、
あまり真には受けないでください。
でも、うそじゃありませんよ。(笑)


2/17

ここのところ、思うところがあって、
ピクアは最終章に突入しようと思います。(おおげさ〜(笑))

私も今年は69歳となり、人生の目標とする80歳まで
あと10年あまりを残すところとなりました。(はいはい、それで?)

80歳というのは、寿命のことでは決して無くて、
まあ、単刀直入にいってしまえば、
家のローンを払い終わる歳、といったところでしょうか。

なんたって、普通の人なら、長い住宅ローンを払い終わってやれやれ、
といった歳に、私の場合は始めたのですからね。(笑)
みんなとは境遇がまったく異なるわけです。

80歳まで払い続けられると思いますか〜?
つまり、あと11年間、仕事で稼いでいけますか?
と同じ意味を持ちます。

う〜ん、80歳になったことがないので、わからない、
が、率直な答えです。(笑)

しかし、現実問題として「わからない」じゃ困るのです。
わからないなら、なんとかその対策を立てる必要があります。

答えは簡単です。
歳をとってからの、私が持っているであろうエネルギーよりも
今の方がまだ大きなエネルギーをもっているはずですから、
そのエネルギーがあるうちに、稼げるだけ稼いでおかないと、
あとからやろう、なんてことはこの場合通用しないのです。

ということは、今よりもっと稼ぐことを考えなければなりません。
ちょっと言ってることがおかしいですね、そんな境遇に関係なく、
稼げるものならいつだって、もっと稼ぐのが当たり前ですよね。(笑)

ここらへんが、私のちょっと風変わりなところかもしれません。
もっとも、稼ごうと思って稼げるのなら、だれも苦労はしませんが。

しかし、私は決めたのです。
ここは稼ぐことに徹しよう。
(ちょっと無粋な話ですが、まあ、笑いながら読んでください)

そうと決めたからには、次は方法論です。
どうすれば、今よりもっと稼げるか?
つまり、住宅ローンを繰り上げ返済してしまえるか。

おいおいに、私の考える方法論を、
この場でご披露していこうと思います。

さて、団塊ボーイのチャレンジはいよいよ大詰めを迎えます。
中島みゆきの歌が聞えてくるようです。
”旅はまだ、終わらない〜♪”(笑)


2/13

ずいぶん前から娘に、2月12日は空けておくように、
と言われて、なんのことやら分からなかったのですが、
これに招待してくれました。


ディズニーの公式HPより)

「リトルマーメイド・イン・コンサート」
武道館で行われた、オーケストラ仕立てのスクリーンミュージカルです。

つまり、生のオーケストラと、ミュージカルの歌手が歌う、
ディズニーのアニメ映画の上映です。ん?説明がヘタかな。


ディズニーの公式HPより)

ディズニー音楽の巨匠・アラン・メンケンのピアノソロや、
主人公アリエルのオリジナルキャストのジョディ・ベンソンも登場して
2時間半の、それはそれは豪華なイベントでした。
ベンソンは歌いながら感極まって泣いていました。






自分からは絶対にこういったイベントには行きませんから、
ある意味強制的に連れて行ってもらえるというのは、
ものすごくありがたいことです。
そのためにも、足腰はしっかりしていなければなりませんね。
九段下から武道館までの坂道や、
客席への高い階段のことを思うと。
もっともここは、武道をやるような人たちが集うところですから、
年寄りにはあまり縁の無い場所かもしれませんが・・・(汗)


1/31

今夜は皆既月食でした。月が地球の影に入る現象です
小さなデジカメで撮れるのかな?と思って撮ってみたら、
予想外にきれいに撮れました。

フラッシュを焚いた場合と、スローシャッターで撮った場合で、
色がこんな感じで違って撮れました。無調整ですので。(汗)
赤いのがスローシャッターで撮ったものです。
実際の見た目は黄色い方の色です。

ストロボの光りが届くはずは無いのですが(笑)
速いシャッターが切れるので、手持ちでもブレを防げます。
スローシャッターの場合は、やはり三脚が必要です。

普段の月は明るくてコントラストが強過ぎるため、
月の模様を写すのは至難の技ですが、
皆既月食は地球がフィルターになってくれているので、
素人でも簡単に月のうさぎを撮ることができました。









寒いので、10分置きぐらいに外に出て行って、
移りゆく変化を楽しめました。

また週末は雪の予報が出ているので憂鬱です。


1/22

今日の大雪は記録にとどめておいた方がよさそうな量ですね。
私の車も完全に「ゆきぐるま」になってしまいました。



午後から大雪という予報でしたから、
午前中が勝負、ということで印刷屋さんとシール屋さんに行き、
次なる企画商品用の試作品を受け取ってきました。

そのどちらも大成功なので、今日は非常に気分が良いです。
その企画商品というのはこれです。



水を入れて飲むスクイズボトルです。
体育会系のサークルなどでは必ずと言って良いほど
使われているものですから、いわばマグカップと同じくらいの
市場性があると考えています。

新規ビジネスで一番大事なことは、ターゲットの絞り込みです。
どこに行けば買ってくれる人がいるか、ということです。
思うに、これほど明確なターゲットを持つグッズも無いでしょう。

学校や市民の野球クラブやテニスクラブ、
フィットネスクラブや、スポーツクラブ、
ハイキング同好会にも、マラソン大会にも、
とにかくスポーツに関係しているところならどこでも必需品です。
(それにしては図柄がちょっと的外れですね。(笑))

シュリンQを使って、ボトル全体をフルカラーでプリントします。
何百回となくペコペコ押しつぶす容器ですから、
それで印刷がはがれてしまったり、
フィルムがとれてしまったりしてはまずいので、
とにかく強度を上げることに重点をおきました。
そのための試作で、ほぼ満足できるレベルにまで達した
材料が作れましたので、次は売るしくみを考えます。

製作するのは極めて簡単で、ほとんど失敗が無く、
しかも素材が軽いため、私でも持てそう(笑)ですから、
これを機会に、ピクアも加工の受注していこうと考えています。

これはやらなきゃ損、みなさんもサイドビジネスにいかがですか?

1/9

今日はこれから大腸のバーチャル内視鏡検査を受けに行きます。
これはどういうものかというと、通常の大腸内視鏡は、
カメラをおしりから入れて、大腸の中を通って見て行くのですが、
この方法は、CTスキャンで外側から大腸を撮影して、
コンピュータ処理で、中を通って行ったのと同じ映像を作ります。

クリックすると動画が見れます。これは私ではありませんが(笑)


大腸の中に炭酸ガスを入れて膨らませながら、
仰向け、うつ伏せ、斜め左向きの3方向から撮るのですが、
痛みも全くなく、わずか15分ほどで終わります。
欠点としては、ポリープなどが見つかった場合、
その場で切除ということはできません。

準備は昨日から始めて、まず昨日は消化の良いものだけを食べます。
先回はそれ用に用意された専用食(カレーや親子丼)にしましたが、
高い上に、美味しくないので、今回は素うどんを作って食べました。
3食とも素うどんにしたので、かなりのストレスが溜まっています。(笑)

今日の検査は3時からです。2時に出発します。
朝7時から8時までの間に、900ccの水に溶いた下剤を飲み、
現在1時ですが、ほとんど無色透明の水便になりました。

もう水も飲めないので、ストレスは最高潮です。
まず口の中が臭くなる。しかし、それを和らげる水が飲めない(泣)
それから、エネルギー不足のために、力が全く入らない。
いつ、もよおすかわからないので、外出もできない。
なにもやる気が起きないので、時間つぶしのために、
こうしてパソコンを打っています。(笑)

病院は西武新宿線の田無駅の近くにあり、
ここから車で30程で着きます。佐々総合病院

毎年1回、新宿のJR病院で人間ドックを受けているのですが、
私の場合、S状結腸が曲がりくねっているらしく、
内視鏡が入りずらいため
へたくそな先生がやると痛くてたまらないのです。
そのため、大腸CTをやっている病院を探して
バーチャル内視鏡を受けようとおもったというわけです。

「大腸CT ○○県」で検索すれば、行っている病院がわかりますから、
内視鏡が怖い人は、まずはこれからいかがでしょうか。(笑)


1/1

新年あけましておめでとうございます

昨年中はいろいろお世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。



このプルートは、もう60年ぐらい前に買ってもらったものです。
今年は60歳台最後の年になりますから、次に出てきてもらうのは
80歳を過ぎてからです。出てこれるかな?(笑)
その時まで、こうしてパソコンを打っていられるかどうか。

失って初めて大事なものだったと気づく、最たるものは健康です。
毎日、なんでもない平凡な朝を迎えられることに、
心から感謝しなければいけないと思います。

今年はそんな一日一日を積み重ねて行きたいと思います。

みなさまも、この一年が健康で過ごせますように。