+

HOMEへ 過去の近況報告
INDEXへ


近況報告 2017年 
                         
6/15

もう一月ぐらい経ってしまいましたが、
地下の音楽ホールに電子チェンバロを買いました。
(それ以前は友人の同じ楽器を借りて置いていました)



日本のローランド社の製品で、チェンバロやパイプオルガン、
初期のピアノなどのリアルな音が出せます。

バロック時代は、現代よりも半音低いピッチで演奏していましたが、
モダンピッチとバロックピッチの切り替えもワンタッチです。
つまり鍵盤奏者の人からすれば、「魔法の箱」のような存在です。(笑)

1年半ぐらい前までは、この部屋でバロックのアンサンブルを
月に1回ぐらいの割合で楽しんでいたのですが、
みんな生活環境の変化に伴い、現在は年に2回ぐらいの頻度に
減ってしまいました。まあ、忙しいことは良いことだ。(笑)

私もこの一年半ぐらいは、会社の売上の減少や新商品の立ち上げなどで、
笛なんかを吹いてる場合じゃない、と、
アンサンブルから遠ざかっていましたが、、
この数か月でようやく元の落ち着きを取り戻し、
また積極的に演奏活動を再開したいと思うようになったのです。

このチェンバロは、そういった私の「再起の心境」の象徴となりました。

売上減少で悩んでいる時には、こんなものは買えないでしょうし、
鍵盤楽器を弾けない私としては、だれかに弾いてもらうというのが
大前提ですから、おのずから「アンサンブルをしたい」という
気持ちの表われとなるわけです。

さて土俵は出来上がったので、残るは力士です。(笑)
バロック音楽が大好きで、気さくで気の合う仲間を
これから気長に探していくことにします。


6/3

引越し完了しました。ふうぅ〜〜。

いやいや、完了という言い方は間違っています。
新しいところに移ってこれただけで、
まだダンボールの山に囲まれています。
これが今日の朝の現状です。
ダンボール箱が大小合わせて250個ありました。









この写真の他、押入れの中もダンボール箱で満タンです。
これだけの量を詰め込む時は、まさに泣きたい気持ちでした。
詰めても詰めてもまだある。
永遠に終わらないのではないかと思いました。

しかし、くじけるわけにも、逃げ出すわけにもいかない。
心の中では、えーんえーんと泣きながら、
ひたすら詰め込んでいました。(笑)

それで実は、山に登る人の気持ちがちょっとわかった気がしたのです。

たぶん、険しい山道をのぼっている途中は、辛くて辛くて仕方がない。
誰かに登れと言われたわけじゃなく、自分の好きで登っているのです。
止めようと思えば、いつでも止められる。
幾度となく、「もうやめて帰ろう」
という気持ちになるんじゃないかと思うのです。

しかし、頂上が目の前に見えた時、
あーーー、やっぱり来て良かった!!!
という気持ちになるのでしょう。

まさに、詰める荷物の終わりが見えたときに、
これと同じような喜びに浸ることができました。
その嬉しさたるや、
この辛さを辿ってきた者にしかわからないでしょう。(しみじみ)

今はただただ、「あ〜、引っ越して良かった」
という気持ちでいっぱいです。

・・・

そんな折、なんと昨日、この荷物の中にお客様がみえたのです。
名古屋の方なのですが、どうしてもその日しか都合がつかない。
立ち話でも良いから、ということでシュリンQの仕上りを
ご覧に来られました。なんとか座るところはつくりましたが。(笑)

来週は水曜日と金曜日にも、お客様が来社されます。
引越しの感慨に浸っているわけにはいきません。
とにかく、1日も早くこの倉庫状態を解消しなければ・・・

また整理整頓が終わったら、ゆっくり部屋をご案内します。
新発進のピクアを、これからもよろしくお願いいたします。


5/25

つい先日(19日)、68歳の誕生日を通過しました。

証拠写真(笑)を載せておきましょう。
今年の3月にディズニーランドに行ったときの写真です。
大好きなイッツアスモールワールドは工事中でした。(泣)


さて、今、引っ越しのために、モノを捨てに捨てていますが・・
出てくる、出てくる、
いわゆる「将来のためにとっておこう」と思っていたもの。

一つ一つをとってみれば、それなりに貴重なものです。

しかし、ハタ、と気が付いたのです。

もしかして、その「将来」って、
もう通り過ぎてるんじゃないの?(笑)

将来の「ため」といっても、
結局ダンボール箱に入れて、保管しておいただけで、
別に使ったり、利用したりしたこともないし、
こうやって引っ越しをするたびに、
ほじくりかえして眺めていただけです。

将来のためって、引っ越しの時に感慨にふけるためだったのかな?
それはそれで、なかなか役には立ちますが(笑)
作業がはかどらなくて困ります。
ということは、役にたっているのではなくて、
足を引っ張ってることになるんじゃないだろうか。

まあ理屈はともかく、もう取っておいても
(本来の意味の)役に立つことはないだろうし、
私が他界したときには、残った家族を困らせることになるでしょう。
捨てて良い物かどうか判断がつきかねる。

私の両親や祖父が亡くなったときもそうでしたが、
やっぱり「大事なもの」は、本人が責任を持って始末しておくべき
だと思います。捨てがたいものを残されても困るんです。(笑)

という大義名分を打ち立てて、
さあ、この際、大事なものを思い切って捨てよう!
と、張り切ってはいるのですが、
もう早速、「言うは易し」で、
「行うは難し」のジレンマに陥っています。(笑)


5/16

面白かったし、嬉しい夢だったから
書き留めておきましょう。

引越しの準備でくたびれて、ソファーでひと休みしたら、
うたた寝をしてしまったのです。
そこで小さいころの娘たちに逢えました。

下の子が3歳、上が6歳ぐらいだったでしょうか。
場所はどこかの体育館。
そこでおまんじゅうが4つ配られたのです。

大人ふたり、子供ふたりだったからだと思いますが、
こんな感じでした。(笑)

そこで、娘たちに言ったのです。
「小さい方ならひとつ、大きい方なら半分」と。

夢だったから、公平に分けるための計算が
うまくできなかったのですね。(汗)

心の中では、小さい方を選ぶと思っていたのに、
ふたりとも大きい方が良いと言うではありませんか。

そこで、それぞれのおまんじゅうを半分に切ってあげたら、
おいしそうに食べてる。

と、いうところで目が覚めました。

覚めた瞬間、後悔の念が・・・

あんなにおいしそうに食べてるのに、
どうしてまるまる一つあげなかったのだろう、と。

根がケチなんだろうか。(笑)
夢の中ではみんな公平に、と思っていたのに、
これじゃあ親がずいぶん得じゃないか!

とにかく、もう後の祭り。
夢の中に戻れれば戻りたかったですが、
それでも、半分に切った、大きい方をあげていたのが、
せめてもの心の救いです。(笑)


5/15

もうかれこれ16年間も売ってきた
「えは〜る」と「エッチング倶楽部」の
販売を終了しました。

「えは〜る」というのは、リムーバーで拭くと、
画像以外の塗膜と接着剤が拭き取れて、
ヘラでこするだけで転写できる材料です。
全体透明・全体白打ち・部分白打ちの3種類がありました。
私が独立開業するためのよりどころにしたものです。

「エッチング倶楽部」は、金属やガラス製品に
腐食彫刻をして、文字入れや、電気回路が作れるという、
トナーの画像がエッチング用のマスキングになる材料です。

どちらも機械を使わずに、手軽に作れることから、
パーソナルセットとして1〜2万円のセットを組んできました。

やめたきっかけは、注文が来なくなったからです。

今年の2月に、このホームページを
J:COMからニフティに引っ越しをしました。

それまでは、エッチング倶楽部のページには、
トップページとほぼ同じ件数のアクセスがあったのですが、
引越しをして以来、めっきり減ってしまい、
こういった商品があるという存在を、だれにも知られなくなり、
注文もほとんど来なくなってしまったのです。

折しも、新製品のシュリンQが好調で、
私の頭の中もシュリンQ一色になっていることですし、
両方とも「ピクアル」で代替できることもあり、
この引っ越しも良い機会ですので(モノを減らす意味で)
思い切ってやめることにしたのです。

これでますますコンシューマーの世界から遠ざかってしまいますが、
しょせん私ひとりで個人向けの低額商品を売るのは
無理があると思っていましたから、自分では良い判断だと
思っています。(きっと、あのぶどうはすっぱい(笑))

つまり、目下公私にわたって「断捨離」決行中!というわけです。

あ、すでにお使いの方への消耗品の供給は
続けますから、ご安心ください。


5/13

やっと引越しの日取りが決まりました。
6月1日に引っ越します。あと2週間半。緊張する〜(笑)

ところでガチ仕事の話ですが・・・

これ、ピクアの期待の星「NARUTO」です。
ボトルのフルシュリンクが一瞬でできる、熱収縮機です。
(実用新案登録済)


その道に携わっている人が見たら、じゃあなくて、
実際にやってみたら、実感してもらえるのですが、
ものすごいスグレモノです。

通常使われているのは、「シュリンクトンネル」と言って、
シュリンクフィルムを巻いたボトルを
熱く熱したトンネルの中を、ベルトコンベアに乗せて通過させ、
その熱でフィルムを収縮させる機械ですが、
ボトルの首の細い部分をきれいに仕上げるのはとても無理、
みんなそれに苦労しています。

このNARUTOを使えば、ボトル全体のフルシュリンクが、
瞬時にして、きれいに仕上るのです。

そういった意味では、何百万円もするトンネル以上の
性能を持っていると言えます。

ところが、もうずいぶんたくさんの人に買っていただいたのですが、
その人たちも含めて、まだ検討中の人も、
おそらく全員の口から出る言葉、
出ないにしても心で思っていることは、

「手作り感満載ですね〜(笑)」
「なんだか日曜大工のほのぼの感が出てますね(笑)」
「あ、これ、ちゃぶ台の脚だ(笑)」
「だれでも作れそうだな。(いやいや、実用新案ですから)」
「塗装をして、見た目を豪華にしてみたら?」
「カバーをして中身が見えないようにするとか。」

といった感想(?)です。
つまり、めいっぱいバカにしてる。(笑)

そんな時、私は心の中で、
「何百万円でもできないことができるのだぞ」
と、気持ちを励ましているのですが・・・(笑)

当の私の方も、そんなことは重々わかっているので、
値段はあえて出さずに、転写プロセッサとセットでいくら、
という価格設定にしてあるのです。(汗)

・・・

今度、そんなことを解決するアイデアを思いつきました!

新たに「NARUTOクラブ」を発足させます。

モノとしてのNARUTOに威厳がないのであれば、
ソフトの面で徹底的に権威づけをしようという作戦です。

つまり、NARUTOを買えば、こんな素敵なことができる、
という感じでしょうか。
逆に言うと、NARUTOを買わないと、やりたいこともできない、
というようにしようと思っています。

そうすれば、NARUTOを買うにあたって、
気持ちを納得させることができるのではないでしょうか。
上司を説得する材料にもなるでしょうし。(笑)
「おまえ、そんなものに大金(?)を払ってどうするんだ!」
と言われないように。
(もっとも、大金といっても隠れ定価(笑)は¥128,000ですが。)

フランチャイズではありませんが、
それに匹敵するシステムとノウハウをご提供する予定です。
しかも、入会金無し、ロイヤルティ無し、年間保守料無し、ノルマ無し、
費用負担も、リスクも全く無い、気楽なチェーン組織です。

引越し準備でおおわらわですが、
そんなことも並行して考えて行きたいと思っています。


5/2

独善的ビジネス考(笑)

最近のインターネットの発達や、
フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、
SNSなどに代表される、コミュニケーションの有り方の
変化による影響でしょうか、

ビジネス上での行動感覚が、昔のそれとは
いささかずれてきてしまっているように思えます。

良い物、一番安いお店、安心安全、人気商品、といった
商品やサービスの見た目の良さだけが優先され、
ビジネスの中に「人の気持ち・人の存在」という要素が
薄くなってきてしまっているような感じがします。

いや、昔というよりは、私のビジネス観が、
人とは違うのかもしれませんが・・・

自営業で長年やっていると、いろいろな困ったことに遭遇します。
その一つが、仕入れ先が突然無くなることです。

その主な原因は、倒産や廃業なのですが、
私のように、探して探してやっと見つけた「良い物」が
突然手に入らなくなると、本当の本当に困った事態になります。

ヘタをすれば、たったそのことで、連鎖倒産の憂き目に
あうことだって、あり得ないとは言えません。
今まで大小数えて、何度そんな目に遭ってきたことか。
その都度、真っ青になりました。(笑)

お客様がいなくなったら、他の売り先を開拓すれば良いですが、
その会社にしか無いものを採用していたら、
そう簡単に代わるものは見つかりません。

つまり何が言いたいかというと、いろいろ言い方はありますが、
事業をしていく上で、一番大切なところは「仕入れ先」なのです。
特に私のように特殊なことをやっているとなおさらです。

本当に、仕入れ先とは空気のような存在で、
普段は特段気にもならないが、
いざ無くなったら、自分の運命にかかわる重大事なのです。
なんとしてでも潰れてもらっては困る。(笑)

したがって私が一番うれしいのは、
仕入れ先が儲かっていることです。
儲かってくれている限り、私の事業も安泰なのです。
それゆえに、仕入れ先を儲けさせたいという
行動になるのです。おこがましいですが、(笑)

逆に言えば、私の会社が倒産したり、
私自身が不慮の事故で死んでしまうことが、
一番お客様に迷惑をかけることだ、
という気持ちで仕事をやっています。

・・・

ここらへんの感覚が違う人が最近多い。

当たり前の話なんだとは思いますが、
自分が儲かるにはどうすれば良いか?
と考えて、自分が得になることだけを考えるのですね。
相手を儲けさせようということは全く考えない。

私は、自分が儲かる方法は、相手を儲けさせること、
という主義でビジネスをやっています。

仕入れ先とか、売り先とかは関係ない。
人を儲けさせる、という気持ちで仕事をすれば、
自分はおのずから儲かっている状態になることでしょう。

そんな気持ちを持った仲間、ビジネスパートナーといっしょに、
お互いに、大いに儲けたいと思っています。(笑)


4/29

今日の虹



今日は良いお天気で、気温も25℃ぐらいになりました。
2時ぐらいに、晴れているのに突然の雨、俗に言う「狐の嫁入り」です。
そして一時間半後に出た虹です。
長女がスマホで撮って送ってくれました。

まるで絵のような虹ですね。
こんなに大きくて、印象的な虹は今まで見たことがありません。
きっと、誰かさんと誰かさんをつないでいるのでしょうね。
オーバーザレインボー、虹のかなたに幸せがあります。(笑)


4/22

ぼちぼち引っ越しの準備を始めました。
まずは一番厄介な楽譜の梱包から。

私は知る人ぞ知る室内楽の楽譜のコレクターです。(笑)
なんだかんだで4000曲以上あります。

実はこのピクアのページは
転写やシュリンクのことなんかより、ずーっとたくさん
音楽関連での検索が多いのです。
検索して訪れる人の、おそらく2/3は音楽関係です。

たとえば「楽譜リスト 室内楽」で検索すると
私のページが一番で表示されます。
これだけ来訪者が多いと、楽譜屋さんをやった方が
儲かるかもしれません。(笑)

まあ、自慢話はこれくらいにして(笑)
楽譜はかなり綿密に順番を揃えて保管してあります。
これをどうやってきちんと運ぶか、それが問題です。

そこで考えたのは、ブロックでまとめてチャック式のビニール袋に入れ、
引越しの間際になって、ボンボンボンとダンボール箱に入れて運ぶ、
というものです。

今日はその個包装作業をしました。



10cmぐらいづつ袋に入れて、整理番号のシールを貼ります。



たぶん引っ越したあとも、
半分ぐらいはこの袋から出さないかもしれません。
ほこりにもならないし、一目でわかるし、結構良いアイデアです。

ところで話はガラっと変わって、
ここに写っている掃除機ですが、引っ越し用につい先日
買ってきた、アイリスの最軽量のものです。
(充電タイプで11000円ぐらいです。)



これがなかなかスグレモノなのです。
なにが良いって、これです。

長いブラシパーツを外すと、小さいブラシのパーツが、
カタン、カタンとワンタッチでセットできるのです。



今までの掃除機は、細かいところを掃除するのに、
あれ、あの小さいブラシはどこに行った???と
探しまわっていましたが、これならその苦労も無くなります。

私はこんな細やかで便利な工夫をする人が大好きです。
使う人のことを一生懸命考えている証拠です。

こういうことは、値段じゃないですね。
コストをかけずに、良いものはいくらでも作れます。

だから、せっせとPRしてあげようという気持ちになります。(笑)


4/19

引越し用のダンボールが山のように届きました。



狭い玄関が半分埋まっています。(笑)
これを組み立てたら、置くところどこにもないぞ。(泣)

ネットで見つけた江戸川区の引っ越し屋さんなのですが、
団地の引っ越しを得意としているとのことで、
まさに団地の2階から1階へ引っ越しをするピクアにとっては
うってつけの会社と言えるでしょう。

1年半前に見積もりまでとって、結局はオシャカになったのですが、
その理由は、移る部屋が陽当たりが悪いということでした。

しかし、それは私の思い違いで、悪いのは、ある時間帯だけで、
十分陽は当たることがわかったので、今回の決断になったのです。
たまたまそのときに、その部屋に引っ越してきた人が、
わずか1年ちょっとで出ていったので、
この機会を逃すまい、と思ったという次第です。

しかも、なんという偶然!
打ち合わせに来た営業の人が会社にもどって報告をしたところ、
なんと、上司の部長さんが、以前の会社の同僚だったのです。
そんなこともあって、話はスムーズに進・・・

・・・まないのでありました。(汗)

いつまでたっても、その部屋のクリーニングが始まらないなあ、
と思って、管理会社に聞いてみたところ、
なにやら出て行った人と、もめているらしい。

現状復帰費用のことでなんやらかんやら言っているらいしので、
たぶん、たった1年しか住んでいないのに、こんなに取るのか、
なんて言ってるのではないかと思うのですが、
とにかく早く方をつけて欲しいものです。
おあとがつかえていますから。

そんなことですので、
ピクアは、これからゴールデンウイーク明けまでは、
しばらく開店休業状態になります。
悪しからずご了承ください。よろしくお願い申し上げます。


4/14

さて、先日お話したボトルカットの件ですが、
だいぶ上手になりました。上手になるといとも簡単に
パカっと2つに割ることができます。

そこでさっそく応用編にとりかかりました。

まずはこれ。

左側は、シャンパンにフルシュリンクしたものです。
そして右側は・・・

じゃーん!

ネックの部分でカットして、下部はシュリンクフィルムで花瓶にしました。
上のネック部分は、これまた魅力的な形をしているので捨てられない。

実はこれ、ベルを作ったのです。チリリン(笑)



実に明るい良い音がします。



茎の針金にナットをひっかけただけです。
作ったというほどのことでもありませんね。(笑)

いかがでしょうか、これでウエディングのデコレーションは完璧、
ウエルカムボトルとフラワーベイス、ウエディングベルの3点セットです。
どなたかこれでビジネスをしませんか?
おそらく世界初のサプライズです。

さて、次は何を作ってみようかな。(笑)


4/9

つい先日、都内の花屋さんからオファーが来ました。
ピクアルが欲しい、とのこと。

さて、いったい何に使うのかな?と思って聞いてみると、
花びらにプリントしたいのだそうです。

う〜、花びらかぁ。以前は10万円ぐらいでレーザープリンタもつけて
フラワープリンター、ってやってましたけど、
ほとんど売れなかったので(笑)、今は引っ込めてしまっています。
このHPを見てる花屋さんなんて、めったにいないでしょうからね。
売れるわきゃーないんです。
といって営業に回るわけにもいかないし。



それにしても、たかだか花びらにプリントするだけで、
ピクアルの448,000円は高すぎるなあ、と思い、
アイロッピーにフリーバインダーを足せばできますよ、
これなら6〜7万円で収まります。

と言うと、高くても良いんだそうです。(ホエ〜)

そうなるとこちらも考えます。花びら以外にも、もっといろいろな
ものに転写して、儲けてもらわなければ。元がとれるように。

そこであれこれ思案をめぐらせていたら、ピカっとアイデアが出ました

そうだ、花瓶にフルプリントをしてみたら!
花瓶ならシュリンQを使えば、あっという間に360度、
口から底までフルプリントができます。

モリスの壁紙の模様などをプリントしたら、
それはそれは、シックで豪華な花瓶が出来上がるはず。

素材は、そうだなあ、ペットボトルでもいいし、
牛乳瓶でも化粧品のびんでもいいし、身の回りにいくらでもある。

・・・

そこで思いついたのです。
そうだ、シャンパンのボトルを輪切りにして、
シャンパンと同じ柄にしたら、これはステキなサプライズになるぞ!

すこしカーブしたネックの部分でカットしたら、
いままで見たことの無いフォルムの花瓶ができそう!

で、次に考えたのは、どうやって輪切りにするか、です。
ネットでいろいろ調べて分かったことは、
一周ガリっと筋をつけて、その部分をローソクで熱して、氷で冷やせば、
パカっと割れる、ということです。

でも、you tubeで見ると、一周を熱するのに結構時間がかかってる。
何度も何度も同じことを繰り返して、何度目かにパカっと。(笑)

他にも、毛糸をぐるっと巻いて、それに灯油を染み込ませ、
ライターで火をつけて熱して、氷水の中に浸ける、とか、

ボールにボトルを立てて、切りたい位置の高さに外と中に水を入れ、
外の水の表面全体にサラダオイルを入れて油層を作り、
そこに赤く熱したカッターの刃を浮かべると、パカっと・・・、
・・・割れませんでした、っていうyou tubeがありました。(笑)

この他、ガラス用ノコギリというのがあって、
30分ほどゴリゴリやっていたら、なんとか切れた。
しかし周りはヒビだらけ、っていうのもありました。
それ、細いガラス棒などを切るためのものでしょう?(笑)

いやいや、何十本も作るのに、とてもこんなことしていられない。

そこで思いついたのが、ピクア自慢の(笑)NARUTOです。


ローソクやガスバーナーなんか使わなくても、
これで全周を熱して、水に浸ければいいんじゃないの?

さっそく手元にあった小さいボトルでやってみました。
100均で買ってきたガラス切りで、ぐるっと筋をつけて、
NARUTOでガーっと30秒ぐらい熱をかけて、
ボールに貯めた水にジャボン、と浸けたら・・・

ピキっていう小さい音がして、どうやら割れたようです。
持上げて、手で引っ張ったら、ご覧のとおり。
見事に真っ二つになりました。
あとはサンドペーパーで切り口をこすって仕上げです。



まっすぐ筋をつけるのにちょっとコツがいるため、
専用の筋付け器をアマゾンで注文しました。
ボトルカッター 2900円)


ボトルカッターって書いてあるから、グルグル回せば切れるのかと
思っていたよ〜、あたしゃー。(笑) この写真はちょいウソですね。

明日くるそうですから、来たら本腰を入れて取り掛かってみます。
それにしても、NARUTOがボトルカッターになるとは
思ってもいませんでした。
目論み通りできたら、またご報告しますね。


3/29

ピクアは5月の連休に引っ越しをします。宣言!
とある絶対的な引っ越し理由ができたのです。
その理由はまだないしょ。おどろくべき理由です。
もっとも、自分にとって驚くだけで、
他人にとっては大したことではありません。(笑)
引っ越すときには公表できると思います。

どこに引っ越すかというと、
今の2階から1階に移るだけです。(な〜んだ)

引っ越す理由ではないのですが、1階に移ると、
いろいろなメリットが生じます。

以前ここで、「引っ越すぞ」、と騒いだ時期がありますね。
まさにその時に騒いだ同じことを、今回は実行しようというわけです。
先回は、その部屋は1日中陽当たりが悪い、という理由でやめましたが、
どうやらそれは私の勘違い。悪いのはある時間帯だけのようでした。

その時は、ずいぶん時間をかけて、移ったあとの間取りを考えたので、
その時の図面がありますから、今回はただ実行あるのみです。
問題は荷物の整理です。とにかく捨てにかからなければ。

今の部屋と対称的になるだけで、間取りはいっしょです。
しかし、今度はセミナールームを作ろうという趣旨があるので、
その広くする分の荷物を捨てなければなりません。



6畳×4+キッチン、3室南向きで79,000円、
大泉学園駅まで600m、歩いて3分のところに
スーパー2軒とコンビニがあります。
便利ですし、安いでしょう?

新たに作るのがセミナールームと休憩室。
倉庫が現在の6畳から3畳分と、半分になります。
その分をせっせと捨てなければなりません。

セミナールームとは仮の名前で、
実際は、ここは作業スペースです。仕事にくたびれたら
ソファでぐったりしようというわけです。

1階に移るメリットの最大は、階段が今の19段から5段に減るのです。
ということは、荷物の出し入れが飛躍的に楽になります。
そのメリットを生かして、実はここで受託加工を始めようかなと、
考えてもいるわけです。(口だけになるかもしれませんが・・)

例えば、中身の入ったペットボトルやお酒に
シュリンク加工をしようと思ったら、
6本とか12本、24本入りのダンボールケースを扱うことに
なりますから、宅急便の人にとても迷惑(?)がかかる
ことになります。ただでさえ残業で疲れているのに。(笑)

まあ、その前に私の腰と膝がダウンする可能性もありますから、
楽しい想像だけで終わってしまう可能性も半々です。(笑)

そう、1階に移るということは、これまでなかった
さまざまな可能性が生まれることになり、
実に気分は楽しいのです。

さあ、せっせとモノを捨て始めなければ!


3/21

久しぶりに仕事の話題です。

いま、ある会社からの依頼で、シュリンクのテストをしています。
こういったお酒のボトルに、首根っこの部分までシュリンクします。

用途は、本番で大量製品を作る場合に、どのくらい画像が歪むかを
チェックするためですので、こんな○を並べた原稿を用意しました。



ところが、のっけから障害発生(笑)です。
本番はスチームのシュリンクラインで行うため、結構精度よく仕上がるため、
シュリンクラベルは、ボトルの直径よりもずいぶん大きめに作ります。
機械でスポンスポンと高速でかぶせられるようにでしょうね。



底の部分を見ると、こんなにダブダブです。



こりゃー〜難しい!
普段、シャンパンボトルにシュリンクする場合は、
ボトルの直径ぴったりでかぶせていますから、
簡単に、きれいに仕上げられるのですが、
これだけだぶついていると、全体を均一に収縮させるのが
至難の技です。そこで・・・

ナルトのヒートガンの本数を倍にして、
12本をびっしり並べ、周囲にムラなく熱風が当たるようにしました。
ちょっと異様な雰囲気ですね。(笑)



これでなんとか見られるものになった感じですが、
それでも底をテープで止めた部分と止めて無い部分の差が
歪みとして現れてしまします。
止めた部分は正円に近いが、止めてない部分は楕円になる。





これはナルトの問題というよりは、シュリンクする前段階で、
どうやってラベルをかぶせて固定するかにかかっていそうです。

たぶんテープで固定せず、フリーの状態にしておくことが重要かも。
本番はスポンとかぶせてフリー状態で蒸気を当てていると思いますが、
ナルトの場合は、フリーにしたら、ストンと筒が落ちちゃいますからね〜

さて、うまく成功に持って行けるかどうか、
これからしばらくはこのボトルとの格闘になりそうです。


3/8

娘が入浴剤をくれました。



アユーラ、浴用化粧料と書いてあります。
なにげに、よさげです。
単身赴任(?)の、すこしでもの癒しにと思ってか。(笑)

右端にメモリがあって、一回1目盛分を入れるとのこと。
もう3回使いましたが、見ると2目盛分しか減っていません。

つまり、目盛を見ながら入れてるのでなく、
ビューーーって、適当に入れているからです。(笑)

それでも、お湯も白くなり、すごく良い香りがして、
肌にもマイルドなお湯になっているような気がします。
なんとも気持ちが和らいで、
つまり、十分満足して使っているわけです。

そこで、十年以上も前に、このHPでも書いたことがありますが、
カルピスのことを思い出したのです。

忘れもしません、昔の会社のころ、カラーコピー機をセールスして
回っていた年に、カルピスウオーターが発売されたのです。
それまでカルピスと言えば、濃縮のびん詰めで、
たしか5倍に薄めて飲んでくださいと説明がありました。
お中元に好適品で、ほとんどの家庭にはあったと思います。
わが家では、たぶん7〜8倍に薄めてたのではないだろうか。

その年の終りに巷の話題にあがったことが、
カルピスの「濃さ」についてです。

つまり、今まで家で水で薄めて飲んでいたけれど、
カルピスウオーターを飲んでみて、
「カルピスって、こんなに濃い味のものだったんだ・・・」
と、思った人と、
「カルピスって、こんなに薄い味のものだったんだ・・・」
と、思った人に分かれたそうです。

濃いと思った人は貧しい家庭の子、
薄いと思った人はリッチな家庭の子、
というわけです。(笑)

私は濃いなあ、と思ったものです。(笑)
でもたぶん、ほとんどの人がそう思ったと思います。
つまり、庶民にとってのカルピスは、
あのちょっと酸っぱくて(薄いから)
のどにヨーグルトのかたまりのようなものがたまる(笑)
カルピスって、そういう飲み物、というイメージでした。(たぶん)

だから、今でも、薄いカルピスを飲むと、
当時の生活の様子が思い出されて、胸がキュンとするのです。
私はサイダーでもキュンキュンしますが。(笑)

そんな世代ですから、この入浴剤も、
もっと薄くてもいいんじゃないかな?なんて思いながら、
娘に言ったら猛指導を受けそうですが、
ケチケチ使っています。

でも、ピクアの売り上げが良かった日には、
お祝いで1目盛分ぜいたくに使ってみましょう。

ちょっと、みみっちい話になりましたね。(笑)


3/2

やっと寒さが緩んで春の予感を感じたと思ったら、
今日はまた冷たい雨が降ってきました。

先日、イチゴを飼い始めたという話をしましたが(笑)
その後、3日〜5日おきぐらいに、ひとつづつ美味しくいただいています。

しかし、大いに誤解していたことがありました。
それは、・・・たいしたことではないのですが、
イチゴというものは、次々に赤くなって行くだろう、
というところは合っていたのですが、
次々に大きくなっても行くのだろう、と思っていたのです。

ところがそんなことはなくて、最初の大きいのを獲ったあとは、
小さいまま赤くなってしまうのです。



な〜んだ。ちょっと期待外れ。
そうなると、スーパーでパックで売っている、
全部大きいイチゴ、というのは結構価値があるなあ、と
思っている今日この頃です。(けっこう平和)

ところで、これはなんでしょう?

整髪料 GATSBY

今、集めるのに必死なものです。やっと2年分貯まりました。



答えは「整髪料 GATSBY]

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、いろいろな粘度の強さがあって、
色分けされて7種類ぐらい売っています。
私が気に入っているのは、グレーの色のものです。
今日も駅前のセブンイレブンで1個買ってきました。

で、なんでこんな収集を始めたかというと、
非常に大きな理由があるのです。

昨年の夏ごろ、使っていたのが無くなったので、
近くの薬屋で新しいのを買ったのです。

ところが、どうも様子がおかしい。
一日中、なにか気になる「匂い」がするのです。
悪い匂いではないのですが、とにかく一日中匂っているので、
どうにも気になってしかたがない。

そこで発見!あ、この整髪料だ!

少し残っていた前のと比べると、匂いが変わっている。
容器についているレッテルを見ると、少しデザインが変わっていて、
小さい文字で「香り改良」と書いてあるではないですか!
いやいや、香り改良って(汗) 今までは、ほぼ無臭だったのに。
7種類の中から、このちょうど良いの見つけるのだって
相当大変だったのだから。

そこで、買った薬屋に行って、カクカクシカジカ・・・と
状況を説明したら、そういうことなら、まだ前の分が残って
いるかもしれない、ということで棚を見ると、
あった、3個残っていたのです。

そうなってくると、もうやることは一つです。
すっかり新しいのに代わってしまう前に、
前の分を見つけ出して買い占めておかねば!

ということで、薬屋やコンビニに行くたびに、
この整髪料を見つけては、1個、2個と買いだめを始めたというわけです。
昨日は仕事で三郷の方に行って3つ見つけました。
まさに宝探しです。(笑)

1個で2か月使えるというのがわかりましたから、
今持っているのが12個、ちょうど来年いっぱいの分まであります。
まだまだがんばって、5年分ぐらいは貯めたいなと思っています。
男のこだわり(笑)

こちらが新しい「ダメ」なやつ

こんなことしてるのは、日本中で私ひとりだろうなあ(笑)


2/19

先週の木・金と、福岡の親戚(甥っ子)の結婚式に行ってきました。
(あ、仕事関係の方には出張と偽って(笑))

その前の日から気温がうなぎ上りに上がって、
当日はコートも要らないぐらいの陽気に恵まれました。

温泉好きが縁で結ばれた二人だけあって、
本当にほのぼのと温かい感じのカップルでした。

かたや車の販売店、こなた家電量販店に勤めていて、
どちらも店長さんから、職場の仲間まで大勢が押しかけてくれていて、
いったい今日はお店の方は大丈夫なのかと心配するほどでした。(笑)
温かい仲間に囲まれて幸せそうです。すばらしい結婚式でした。

往きの飛行機は、これまで経験したことがないほどの好天に恵まれ、
おまけに翼の無い海側の窓で、日差しも順光と条件が揃い、
羽田から福岡までずーっと下の景色を眺めることができました。

おかげで左を向きっぱなしだったためか、右の腰が痛くなり、
見るも無残なよちよち歩きの2日間となりました。
今はもうほとんど回復しています。

いつか新幹線で大阪に行ったときに、車窓の景色をアップしましたが、
今回は「翼よあれが富士山だ!」のノリで載せてみましょう。
ひとときの空の旅をお楽しみください。
これからは今までの50倍ぐらいのHP容量があるので、大きく行きます。(笑)

羽田を出発!中央がディズニーランド、遠くに富士山が見えます。
南に向かうのに、いったん北に上がるのですね。


山梨県側から見た富士山、向こうが太平洋です


知多半島です 次女の旦那様の実家があるので、撮影指令が・・


途中ここだけが雪景色。そう、悪名高き関ヶ原。
よく新幹線の止まるところです。なんでやねん。


淀川が大阪湾に向かって流れ込んでいます。


淡路島です。こちらの本州側が明石海峡大橋。
向こうの四国側が大鳴門橋です。
ちょっとナルトの渦潮は見えないなあ・・


そのお隣、小豆島。手前は忠臣蔵の赤穂市です。


瀬戸内海の無数の島々。きび団子の岡山市上空です。


左下が尾道市、向こうが今治市、島々を橋脚にして本州と四国がつながっています。
中央に広島空港。山の中。広島市街からめちゃ遠くて不評です。


その広島市街。中央が広島駅


いよいよ向こうに九州が見えてきました。下関と門司をつなぐ関門橋です。
幼稚園のころ、汽車で関門トンネルを通るときに、窓を閉めるよと言われて、
海の水が入ってこないようにと思いましたが、煙が入ってこないように、
だったのですね。本気で魚が見えると思っていましたから。(笑)


中央右端に若松と戸畑を結ぶ若戸大橋が見えます。左上が八幡製鉄所。


遠賀川。昔は筑豊炭田で採れた石炭を洗っていたため、
川の水全体が真っ黒だったそうです。


博多沖に浮かぶ相島。その向こうが海の中道で、その右先端に
金印の志賀島があるのですが、残念、飛行機が左回転。(笑)


雁ノ巣海岸。ここに親戚があり、小学生の頃、松ぼっくりを拾った思い出が。
もう福岡空港は目と鼻の先です。


着陸態勢に入りました。九州も良いお天気です。


ご搭乗おつかれさまでした。


2/11

みなさん、こんにちは。
またお会いしましたね。(笑)

というわけで、HPの引っ越しは、無事とは言えませんが、
なんとか終わりました。(見れますでしょ?)

まだ検索ロボットの仕事が遅くて、
「ピクア」で検索しても以前のページが表示されて、
それをクリックしても、「ここに引っ越しました」の文字しか出てきません。

つまり、もともとピクアを知らない人は、
このHPを見つけ出すのは不可能、ということになります。
案の定、初めての人からは、だれからも問い合わせが来ません。
まさに営業お休み状態です。
ま、もう、あきらめの境地に達しましたから、いいんですけどね。

ピクアでは、ネコやイヌは飼えないので、
いちごを飼いました。(笑) とちおとめです。



もう3つ収穫していただきましたが、おいしいですね。
やっぱりスーパーで買うものとは、一味違う気がします。
つい数秒前までは「なって」いたんですからね。
毎日毎日、どんどん大きくなって、赤くなっていき、
ひとつづつ摘んではいただくのが楽しみになりました。

今日はあんまり寒いので、部屋の中に入れてあげました。
部屋飼いです。(笑)

山口県に住んでいた小学生のころ、
いちご畑で小さいイチゴを摘んで食べてたことを思い出します。

考えてみたら、当時のイチゴは葉っぱの陰に隠れるように
なっていたような気がします。
葉っぱをめくると、赤い実を見つけて、
なんともうれしい気持ちになっていました。

今は収穫しやすいように品種改良したのか、
はい、どうぞ召し上がれ、という感じで、
実だけがずいぶん飛び出してあらわになってしまい、
もう宝物探しのようなゾクゾク感はありません。

そういった意味では「魅力」が薄れてしまってますね〜。
あのチラリズムが良かったのに・・・(笑)


1/18

さてはて、この急激な執筆意欲の減退はなぜでしょう?
ここのところ、近況報告がめっきり更新できない理由は、
おそらく、J:COMのせいだと思います。

このホームページはJ:COMのウェブページサービスを
使っているのですが、この1月末日でサービスが終了してしまいます。
かれこれ15年間ぐらい使ってきたのですが、
その間に作ったこのページは約3000ページに及びます。

それが1月31日24時00分に、一瞬で消えてしまうのです。

あんまりだとおもいませんか?

ピクアの営業は、ほとんどこのHPを使ってやってきました。
商品の問い合わせや、注文もこのページを見た人から
電話がきたり、メールが来たりして、買っていただいています。

仮に何もしないでいると、営業マン全員が一斉退社するのと同じです。
まったくひどい話です。

そうなっては非常に困るので、当然のことながら
他のレンタルサーバーに引っ越しをしようと、
次はニフティのサービスを利用することに決めました。

ところが、細かいことは省略しますが、このページを作ったときは
ほとんど知識ゼロからの出発だったため、
非常に難解な作り方をしてしまっているのです。
つまり、4人の人がHPを作るようなことを1人でやってしまった。

そのために、引っ越し作業がめちゃくちゃ難しくなり、
はたしてうまくいくのかどうかがわかりません。

もう2回もJ:COMの専任者の人にきてもらって相談をしていますが、
いまだにらちが明かない状態です。今度は20日に最終打ち合わせ。
それでうまくいかなかった場合は、非常にまずい状況になります。

まったく、こちらがいったい何をしたっていうんだ、
という憤りでいっぱいです。

そんなこともあって、ホームページ嫌いになっていることは確かです。
それがもろにこの近況報告に影響しています。

なんだか、まったく関係ない人に八つ当たりをしていますね。(笑)

本当に憤懣やるかたない昨今です。
最後がこんな近況報告になって申し訳ありません。
また新しいホームページでお会いできることができれば、
この上ない幸です。

それではみなさま、ひとまず、さようなら。


1/1

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。



昨年は困難の多い年でした。
まだ解決していない問題もたくさん残っていますが、
逆に、良い材料もたくさんあります。

その中でも、シュリンクフィルムを使って、お酒やペットボトルに
フルプリントする技術は、今年の目玉になります。

これまでTシャツのプリントという世界は、
どこのメーカーでもやっているので、
あえて私が乗りこんで行く必要もないし、仮に行ったところで
他社の技術の方がはるか先を行っているため、
まったく興味もないし、手がけなかった分野です。

同じように、私が30年間やってきた立体物へのプリントも、
最近ではいろいろなところがやるようになってきました。

そうなってくると、もう私の興味がうすれて行ってしまいます。
なんというか、やっぱりオンリーワンでないと気が済まないのですね。

そんなときに、ふとしたきっかけで、
お酒のボトルプリントの世界を知りました。

これは面白そう!

今まで培ってきた技術をちょっと応用すれば簡単にできるし、
周りを見回しても、まだほとんどやっている人はいないし、
それだけに、こんなことができるということを知ってもらうのに
時間や労力がかかるとは思いますが、
やりがいのある仕事になると思います。

新しい商品名は、シュリンQ<ナルト>です。(笑)
近々、ここで発表します。
さてみなさん、どんな商品か想像がつきますか?

それでは今年も元気にスタートします。
お引き立てのほどを、どうぞよろしくお願いいたします。


12/29

たいへんご無沙汰しておりました。
生きてますよ〜(笑)
かれこれ3か月間もずる休みをしていたことになります。
いろいろな意味で忙しくて、筆が止まってしまいました。
近況報告のネタとしてはうってつけの出来事も
山ほどあったのですが、ありすぎて書けなかったのです。

3か月が1年にも感じるほど、いろいろなことがありました。

仕事面では、これまでの立体物への転写プリントから、
シュリンクフィルムを使ったボトル包装にシフトを移すための
技術的な詰めや、新しいシュリンク装置の開発に
没頭していましたが、どうにか良い装置ができあがり、
先日55件目になる特許を出し終えました。

私的な面では、なんといっても次女の結婚です。
12月11日に、お蔭様でたいへん佳い人の元に嫁ぐことが
できました。まことにほっとして、肩の荷が下りた思いです。
私はウエルカムボードのコーナー担当で、
テーブル2つの上を、転写グッズで飾りました。(笑)





 

 

虫垂炎の方は、再検査の結果、腫れが完全に引いており、
普通の大きさにもどっていることが確認できました。やれやれ。
めまい症もその後現れず、いたって元気に過ごしております。

・・・

この一年の仕事面の反省としては、
「もう自分で売るのはしんどいから、人に売ってもらおう」
などという(虫の良い)方針を立てて、卸売り先を探して
営業をして回ったのですが、結果、
やっぱり他人は売ってくれないということがわかりました。

そりゃーそうです。私にとっては唯一無二の商品でも、
問屋(販社)さんにとっては、何百何千アイテムもあるうちの
たった一つの商品ですから、そればかりにエネルギーを注ぐ
わけにはいきません。ちょっと考えればわかることですが。

従って、他力本願ではだめだということが1年かけて分かったので、
来年からは「我が身は自分で守れ」の基本に立ち返り、
これまで通り、私がすべてやって行くことにしました。
気力と体力の続く限り・・・

応援よろしくお願いします。<m(__)m>


9/30

昨日のつづきです。

金色ができるなら、白色もできるだろう、
と思ってやってみたら、簡単にできました。


あえてお酒のびんにしなかったのは、
やはり用途的には化粧品などのプラスチックボトルが
主な用途になるだろうと思ったからです。

こういった印刷は、従来は容器を回転させて
スクリーン印刷で行っているのですが、
小ロットの場合はどうしても非効率的です。

かなり細かい文字まで鮮明にプリントできます。
化粧品の場合は、文字の細かさが勝負でしょうから、
これは大きなポイントになると思います。

雑誌をコピーしたものですから、
シャープではありませんが、
1文字が約1mmの大きさです。


リサイクル性と、絶対に消えないというメリットを生かして、
化粧品ボトルの業界にもアタックしてみようと思います。


9/29

昨日はシュリンQ絡みの考案をいくつかしました。

まずひとつは、これです。



ん〜、と、なんの変哲もないボトルだなぁ、
今までと何がちがうの?と思ったでしょう?

ところが、これが大違い。

実はこれ、まったく熱をかけずにワインボトルに巻いてあるのです。

ワインやシャンパンというと、やっぱりイメージとしては
熱をかけるのはいやだなぁ、という人もいるはず。
実は調べてみると、シュリンクする程度の熱は
中身にほとんど影響しないそうですが。

それでも、やっぱりワインというと、ソムリエとか言って、
利き酒をしたり、なんだらかんだら、うるさそう。
これがシュリンQの販売に影響を及ぼすのは避けたい、
ということで考えたのです。

どうやってやるの?というのは、かなり大きなノウハウなので、
ご購入いただいた方にだけお教えします。(あしからず)

・・・

次はこれ、全面金箔押しです。
押し、といっても、シュリンクフィルムに金箔でプリントしたものです。
(でも、工芸の世界で、漆で金ぱくを手貼りするのも、箔押しと
言っていますから、押しでいいのかもしれません。)



カラー写真とはまた違ったゴージャス感が出ますね。
箔の色は何色もありますから、色とりどりなメタリックボトルを
つくることもできます。作り方もとっても簡単です。

・・・

最後はこれです。



球体への半面転写です。これは直径10cmのボールです。
さすがに1回の転写で全体は無理でした。
それでも、3/5ぐらいの面積までは行けそうです。

これは伸びる転写紙を使っています。
したがって、後ろにいくにつれて画像が伸びています。

デザインするときは、前面の1/2ぐらいまでで主要要素は押さえて、
背景は模様などにすると、グラデーションぽくなって、
返って良い感じのものになるかもしれません。
全面にやりたいときは、半分づつやるっきゃありません。(笑)

ということで、営業をかまけて、こんなことばかりやっています。
来月は2件の(頼まれ)フェアがありますから、そこで頑張ります。


9/25

OGBSフェアは無事終了しました。





だれも見向きもしてくれないのではないだろうか、、、
という不安は、杞憂に終わりました。

初日がオープンしてから、
前半の空いている時間に、娘にやり方を教えて、
作業の半分を手伝ってもらおうと考えていたのです。

私が中央でシュリンクラベルを作って、
それを娘に渡して、用意したボトルに巻きつけ、
お客様にオリジナルボトルを差し上げる、
という段取りでした。
雨もザーザー降っているので、午前中は閑散としているだろう、
なんて、考えていたのですが・・・

ところがところが、場内放送で、
「すでにお客様が並んでお待ちですので、開場を10分早めます」
なんて流れるやいなや、少し奥まっているピクアのブースにも
あっという間に見物人が到達。
娘に教えているヒマもなく、
実演を始めなければならなくなりました。

その後も、一人二人と覗き込む人が増えていき、
結局、お昼のお弁当の時間まで、途切れることなく
実演を繰り返したのです。

つまり、全部私が最後までやって、娘はチラシ配り。
そのうち、あれこれ問い合わせてくる人に、
あーだ、こーだ、娘が説明をしているのです。

ちょ、ちょっとまてよ、まだ何も教えていないのに、
なにを話しているのだろう?と不安になりましたが、
私の実演を見て、その内容の範囲内で、さらに、
これまで立体転写で得た知識を交えて、
当たり障りなく説明をしていたのだそうです。
(うーむ、娘ながらあっぱれ(笑))

ということで、ついに最後までしっかり教えるということはできず、
ときたま、見よう見まねで作ってはいましたが、
次の日も、2日間、私が実演をして、
娘が接客するという図式になりました。

さて、ハンコ屋さんは、果たしてお酒のボトルに興味を
持ってくれるでしょうか?
もっとも、お酒以外にもいろいろなボトルで、オリジナルの
グッズが作れるということをアピールしましたから、
もしかしたら、ひとつやってみよう、という人も
現れてくれるかもしれません。

あしたからは、従来の立体物転写はすこし横に置いておき、
当面ボトルのことに集中しようと思っています。
まだまだ、改良する点もありますし、
新たなボトルビジネスの発見もあるかもしれません。
(きっとあるでしょう)

今回のフェアでも、すでにピクアの転写製品を使っていただいて
いる方が、沢山お越しいただきました。ありがとうございました。
そんな意味で、なんとなく、同窓会のような気分にもなりました。(笑)


9/21

フェアの搬入を次女と二人でやってきました。
台風は温帯低気圧に変わり、遠くに去っていきました。
よかったよかった。

今回の雰囲気はいつもとちょっとだけ違います。
ボトルが林立しています。(笑)



いつもはレンタル什器の会社から、棚やテーブルを借りていましたが、
今回は主催者からの(無償)提供品のテーブルのみです。
(いままでもこれで良かったなあ・・・)





私が中央のテーブルで実演をして、
お客さんが3方を取り囲むようにして見物できるようにしました。
左のテーブルの奥では、娘がボトルにシュリンクして、
それをせっせとお客さんに配る役目。

娘はまだ一度も作ったことがないどころか、
モノを見るのも明日が初めてです。(笑)
それで、プロを相手に、サンプルを作って渡そうというのですから、
わたしもちょっと状況をなめているのかもしれませんね。

でも、アナログ商品というのは、それほど簡単でないと
使ってもらえないということを、痛いほど感じていますから、
明日は、ワンステッププロダクツ(1工程できあがる)路線の
第一歩を踏み出すわけです。

しかしながら、今日は設営を終えて帰って来るときに、
一抹の不安を覚えました。

会場全体の他のブースも見て回ったのですが、
こんなこと(お酒のボトル)をやっているのは、私だけです。

もしかしたら、ほとんど全員のお客さんに、
見向きもしてもらえないのではないだろうか。

お酒、というと、免許だなんだかんだで、商売としては難しい、
という印象がありますからね。
ワインフェスティバルとか、酒販店関係のフェアならともかく、
ハンコ屋さんのフェアでお酒なんて、という不安感です。

しかし、ピクアとしては、この路線で突っ走ることに決めたのです。
立体物に転写プリント、というのは、ちょっと横に置いておき、
少なくとも1年間は、ボトルのシュリンクだけで動いてみよう。

酒販の免許なんか無くたって、
酒販店から注文を受ければ良いし、
すでに購入したお客さんから注文を受けるという形に
すればよいわけですからね。
(クラブやバー、イベント会社からの注文もこれにあたります)

調べてみると、日本酒や焼酎の酒造所だけで3000社近くもあります。
こういったところが、定番の商品以外に、
ギフトやイベント用にお酒を売っているのはわかっています。

単純な紙ラベルではなく、こういったフルシュリンクの
オリジナルボトルを作ってビジネスをすれば、
ぜったに受けるに違いありません。

2日間のフェアで、2人か3人でも、
本気でやってみようと思う人をみつけられれば
それで大成功だと思います。

おそらく、1社で年間数千〜数万本の
ビジネスが生まれるはずですから。


9/19

この連休は、OGBSフェアに展示するためのサンプルを作っていました。
最後は飽きてきて、精神的にヘトヘトになりましたが、
我ながら、よくまあこれだけ作ったなあ、と思えるほどの量になりました。



これは全部シュリンQ、つまりシュリンクフィルムを巻いて作ったものです。
一番やっかいなのは、それぞれデザインを作らねばならないことです。
原稿があれば、あっという間にできるシュリンQですが、
デザインだけは頑張ってつくらないと、だれもやってくれません。

なにより救いは、失敗がほとんどないことです。
あ、これはウソで(笑)、実は原稿の大きさを間違えていたり、
ものすごく形が不定形の素材は、やっぱりうまくいかなかったり、
そういうのは、なんとかきれいに仕上げようと思うのですが、
なんどやってもだめなものはだめで、そんなこともあって
時間だけはすごくかかったのです。

一番心配だったのは、やってもいないのに、
中に押し花も入れられますよ、とチラシに書いてしまって、
本当に大丈夫かなあ、と思っていたのですが、
昨日、注文しておいた押し花が届いて、やってみたところ、
理屈どおりに、きれいに入れることができました。
もしだめだったら、なんて言い訳しようかな、
なんて考えていたのですが、事なきを得ました。(笑)



これはハードオフで200円で手に入れたボトルセット。
気の利いたバスケット(?)の中に、四角い透明瓶が3本入ってます。
これはミュシャのポスターの絵がピッタリサイズ、
さっそく3パターンをデザインして作ってみました。



以前から、こけしの着物をシュリンクラベルで着せたら面白いだろうな、
と考えていたアイデアを、やっと実現できました。
これもハードオフで500円でゲットしたもの。かわいいこけしです。



当日の実演では、この100ccボトルが山ほど余っているので、
その場で作って配ろうと思っています。
デザインもシックなものから子供用まで20種類用意しました。
これも、土曜日まる一日かかってつくりました。





さあ、台風はどうなるかな?
いつぞやも同じフェアの搬入日に大嵐になって、
電車は止まるは、車はパンクするわで、
大変な目に合いましたが、
まさに今回も同じタイミングです。

フェアの日は去ったあとですので、
ぜひご覧にいらしてください。


9/9

今月の22〜23日(木・金)に、池袋のサンシャイン文化会館で
OGBSフェアがあり、そこに出展します。

出し物は、「シュリンQ」です。



動画はこちら

シュリンQというのは、どういうものかというと、
カラーレーザープリンタでお好きなデザインを転写紙にプリントして、
シュリンクフィルムに重ねて、熱プロセッサーに通すだけで、
シュリンクラベルが出来上がる、というものです。

その間わずか60秒!
これまで私がやってきた転写では、一番簡単でスピーディです。

シュリンクフィルムへの転写は、過去15年近くやってきたのですが、
なぜ今、あらためて新発売なのかというと、
今までとはやり方も違うし、なにより対象素材が違うのです。

今まではペットボトルやアルミ缶などに巻きつけて、
飲料のサンプルを作るためのものでした。

材料費に何百円もかかってしまうので、
1本100円で売るペットボトルには、到底使えなかったのです。

ところが、ひょんなことから、お酒のボトルに使いたいという要望があり、
それなら何千円もする商品なので、十分採算があうぞ、
ということで、本腰を入れて開発をしたというわけです。

ビジネス的にも、今までとは違います。
これまでは、こんな風に転写ができますよ、さあ、何に使いましょうか?
だったのが、今度のは、お酒のボトルに転写ができますよ、
という具合に、用途から先に出てきたのです。

もうひとつ、これまでの転写は、「簡単ですよ」と言っても、
白箔で裏打ちをして、接着剤を塗って、水で拭いて・・・と、
何工程も経て作っていました。まさにアナログの極致!
このめんどくささに、みんな耐えられなかった。(汗)

ところが今回は転写紙をフィルムに重ねて機械に通すだけ、
接着剤や水を使ったり、手で拭いたり、といった作業はありません。
まさに1工程で出来上がるのです。
これなら、現代のデジタル世界の人にも使ってもらえそうです。

というわけで、開発秘話はたくさんあるのですが、
長くなるので、ここまでにしておきましょう。
ぜひ一度、フェアにお越しいただいて実際の目でご覧ください。


8/22

ここのところめっきり更新が遅れていますが、
病院騒動もひと段落して、元気でやっています。

昨日、一昨日は、東急ハンズ渋谷店さんで、
レタりんの実演販売をやってきました。



場所は、5階の文房具売り場です。
ここのお店は複雑な段差階層になっていて、
各階ABCの3段構造になっており、
5階のAフロアは筆記具フロアです。



東急ハンズさんで実演販売をするのは、商品的にはこれが3度目で、
最初は27年前にマジックタックを発売したときです。
この時は渋谷・新宿・池袋・町田・名古屋と、
各地を転々と回ったものです。違うお店で日が重なったら、
マネキンさんに応援してもらって、分かれてやったこともあります。

その次はワンダリックを発売したとき。
この時は私ひとりで、都内の大どころのお店を回りました。

今でもはっきり覚えているのは、
ガンダムのあのデコボコの身体に、
マジックインクでべったり塗ったインクを落としてくれないか、
という親子連れに、それはとても無理、といったら、
何でも落とせるっていったじゃないの、と、その男の子の
お母さんが不満たらたらだったことです。(笑)

そして今回は、ピクアルの個人向けバージョン「レタりん」です。

なかなか苦労しました。(笑)
土曜日は、なんと外人さんの多いことか!
体感温度で言えば半分以上は外人さんといった感じです。
(実際は2〜30%なのでしょうけれど・・・)

日曜日は、なんと子供連れのパパの多いことか!
こういった光景は昔は見られなかったことです。
知らないうちに時代は変わっていたのですね。

つまり、負け惜しみではないのですが、
カラーレーザープリンタを使って、キリヌキ転写をしよう、
といった、いわば「専門的」な人はほとんどいなくて、
英語がしゃべれたらもっと売れただろうなあ、とか、
インクジェットプリンタ用だったらもっと売れただろうなあ、とか、
つまり、あまり売れませんでした。(汗)

マジックタックのときは、1000円のセットを3日間で100セット以上
売ったのですが、そのイメージは今回は皆無でした。
やっぱり3000円というと、衝動買いするには高過ぎたか。

しかし、時代の最先端の、日本で最高のロケーションで
実際のお客様を相手にして売ってみたことで、
現在のトレンドを肌で感じ取ることができて、
実に有意義な2日間でした。

もうコンシューマー向けは懲りたはずなのに、
1000円ぐらいのセットを作ってみようかな、とか、
インクジェット用を作ってみようかな、とか、
絶対に儲からないことを、また考え始めています。(笑)


7/31

前回のつづき

順天堂大学病院は、大泉学園から2つ目の駅前にあり、
家を出て30分ぐらいあれば着きます。

ああいうことがあったため、K外科の紹介状はもらわずに行き、
初診ということで、一日でも待つ覚悟で行ったのですが、
結局、9時に入り、出てきたのは5時を過ぎていました。
2回目からは予約がとれるので、せいぜい2時間待ちです。

そこで、20日にCT検査の予約をして、25日にその結果と診察。
結論として、たしかに虫垂は膨らんでいるけれども、
(私がCT影像を見た限りでは、1/3位の大きさに腫れが引いていました)
血液検査の結果では、すでに炎症反応は無くなっているし、
虫垂の腫瘍マーカーも正常で、ガンの心配も無し。

つまり、まったく正常に戻っていたというわけです。
まあ、切る必要もないし、心配であれば定期的にCT検査をして
様子をみていくのもいいのではないか、ということで、
次は11月末に予約をして帰ってきました。

あれだけ悪くは言ったものの、順天堂では検査をしただけで、
結局、K外科で受けた治療と薬で良くなったというわけで、
ちょっと複雑な気持ちですが、それにしても、
K外科には、もう二度と行きたくないというのが正直なところです。

相変わらず、お腹には違和感はあるものの、
その原因がわかっただけで、ずいぶん気が楽になりました。
いずれ、仕事にも余裕が出てきて、10日ぐらい休んでも
大丈夫な状況になったときには、
切り取ってスッキリしてしまおうかな、とは思っています。

ということで、苦難の7月も今日で終り。
明日から新たな月と一週間の始まりです。

また、新しいビジネスを発見しましたので、
おいおいご紹介してまいります。
長文のおつきあい、ありがとうございました。


7/31

昨日のつづき

さて、2週間後に何が起こったか、ですが・・・

もう半年ぐらい前から、おへその下の、ちょっと右寄りあたりに
なんとなく違和感があったのです。
痛いというほどではないのですが、
ときどき、もぞもぞと押されるような感じ、とでも言いましょうか。
表現がむずかしいのですが・・・(笑)

トイレに行っても、きばると出口あたりにちょっと痛みがあり、
お腹なのか、お尻なのか、判断がつきかねたので、
ひとまずは近くの大腸・肛門科を訪ねると、
どうも、たいしたものは見当たらないらしい。

そんな様子で数か月を過ごしていたのですが、
ついに・・・、忘れもしません、七夕の日、
我慢できない程の痛みではないのですが、右下腹部に
鈍痛が到来して、熱も8度を超えたので、
近所のK外科病院に自転車で行って診察を受けたのです。

家族からは、2つ先の駅にある順天堂病院に行けと言われていましたが、
その日の3時に大事な商談があったため、
行くと間違いなく1日がかりになる順天堂はやめて、
午前中で済むであろうK外科に行ったというわけです。

これが大間違い。大災難の始まりでした。

まずは、CTスキャン、レントゲンと検査をすると、
なんと、虫垂が親指よりも大きく腫れているとのこと。(この目で見ました)
院長先生に見てもらったのですが、この先生、
いつも不安な顔をしているのですが、さらに不安顔で、
これはいつ破裂するかわからないので、すぐに手術して取った方がいい。
入院は10日ぐらいだというので、
いやいや、今、仕事が大事な時期で、とても10日は外せないと言うと、
とりあえず、明日は超音波の検査、
あさって大腸内視鏡をやろうということで、
抗生剤の点滴2時間と、飲み薬をもらって帰ってきました。

そして、翌日はお腹の洗浄でがぶがぶ水を飲み、
つらい半日を過ごして、翌々朝10時から検査です。

ところが、私のS状結腸は、普通よりも右に寄っていて、
入れるのが難しいらしく、なかなか奥に入って行きません。
(内視鏡専門のクリニックでは何度も見てもらっているのですが)

そのうち、痛いのなんのって、いわゆる塗炭の苦しみ。
あまりの苦痛に、それ以上の進行をあきらめ、
上を向け、今度は反対側を向けなど、内視鏡でなぜこんなに
ごろんごろんしなきゃならないんだ、と思いながらも
やっと「終わりです」の言葉を聞いたとたん、
一気に血圧が下がって、緊急点滴です。
聞くと上が65迄下がったというから、普段135位ですので、
70位下がったことになります。
ネットで調べると、急に40以上下がると命の危険があると書いてあるので、
まさに、あやうく死ぬところだったというわけです。(このへたくそ!)

おまけに入口付近をうろうろして出戻って来たにもかかわらず、
検査料はしっかり取られました。(むしろ慰謝料はらえ!)

こんな先生にお腹を開けられて、万一想定外のことが起こっていたら、
いったいどうなるのかと思うと、とても信頼して身をゆだねる気にならず、
今度はいつこれるかという問いにも耳を貸さずに、
逃げ帰ってきたというわけです。それが9日(土)の出来事。

そして、週が明けて、早々に順天堂病院を訪ねたというわけです。
家族は「だから言わんこっちゃない!」とむべもない。

まだまだつづく


7/30

40日ぶりのごあいさつです。

定期的にご覧いただいている方には、
末松、ついにくたばったか?と思っていた人も多いのでは?(笑)

それが、ところが、当たらずとも遠からず・・・だったのです。
いやはや、今回ばかりはまいりました。

前の報告日が6月20日ですね。ということはその5日後のことです。
21・22日と、飯田橋にあるモリサワさんのフェアにも出展し、
大阪のフェアと合わせると、10日間でフェア本番5日間、搬入日を足すと、
なんと7日間も立ちっぱなしの大忙し、も祟ったのだと思います。

その週末の土曜日の夜8時に、椅子から立ち上がると、
なんとなく、ふらつく感じ。

そのうち部屋がグルングルン回るようになり、
ついには起き上がることもできないようなめまいに襲われたのです。

こりゃ〜、うわさに聞く熱中症か!と思い、
塩分や水分をとって横になっていたのですが、症状はひどくなるばかり。
スマホでネット検索すると、似たような症状の人がいて、
寝れば治るだろうと思って一晩寝たら、なんと翌日には気を失って、
救急車で運ばれたら脳卒中だった、なんていう記事を目にし、
こりゃ〜大変、とにかく病院へ、ということで、
不本意にも救急車のごやっかいになり、
近くの総合病院に緊急入院となったというわけです。

頭のCTスキャンとMRI、血液検査などの結果、
脳には異常無し、おそらく耳が原因だろうということになり、
幸い点滴の効果があり、症状も無くなったため、
一晩入院して、朝ご飯だけいただいて退院の運びと相成りました。

数日後、近くの耳鼻科に行って、かくかくしかじか、と話し、
とりあえずめまいの薬だけ処方してもらったのですが、
その後症状が出ないため、結局飲まず仕舞い。
いざというときのために、冷蔵庫に保管してあります。

・・・

しかし、災いはこれだけでは終わらず、
その2週間後、はたまた、とんでもない事態が・・・

長くなりますので、つづき、ということにいたしましょう。

とりあえず、現在、末松は元気に回復しております。
どうぞご安心ください。(笑)


6/20

フェアは無事終了しました。ひとりでなんとかやり遂げました。
マイペースでやれたせいか、3日間はたいして疲れを感じませんでした。
しかし、帰ってきて次の日、次々の日(すなわち昨日)は
やはりぐったりでした。注文が来てる荷物を作らなければならないのですが、
まったくその気が起こらず、本日(月曜)出荷ということで勘弁してもらいました。

ブースはこんな感じです。まあ、いつもとほとんど変わりません。(笑)


なんだか、安っぽい雑貨屋さんの雰囲気ですね。(笑)
ニトリで買ったシューズラックが生きています。


前のブースのテーブルにカメラを置いて、セルフでカシャ!
仏頂面で写っているので、載せるのをためらったのですが、
私が写っているたった1枚の写真なので、止む無く。そのため小さい(笑)



デモンストレーション自体は大成功でした。
1日目は全体的にお客さんが少なかったのですが、
2日目、3日目になると、2重3重に人だかりができて、
何度も、もっと近くに寄って下さい、声が届かない(泣)と懇願の様相です。
でも大阪の人は、いくら冗談を言っても通じるのが良いですね。
最後は一人漫談のような感じになっていました。(笑)

疲れが癒された理由の一つは、ホールのある施設です。
東京で言うと、お台場のミニチュア版といった感じで、
大阪港を眼前にして、さまざまなお店があり、そのひとつのカフェテリアで、
毎日フェリーを見ながらソフトクリームを食べるのが日課になりました。
ここで1時間以上ぐったり過ごします。(笑)
ハートのフェンスがあり、たぶんここは恋人たちのスポットなのでしょう。


疲れがとれたもうひとつは、ホテルが快適だったことです。
電車で4つほど行ったところの弁天町というところにある
ホテル大阪ベイタワーというノッポホテルです。
部屋は38階の見晴しの良い部屋でした。
おまけに、シングルが満室とのことで、
シングルの料金でダブルベッドの部屋で過ごせました。





向こうの方に見える高層ビルのさらに先がホールのあるところです。
2日目は雨でしたが、ホテルから地下鉄の駅までは屋根があり、
向こうについてもホールまで施設の中を行くので、
傘はまったく不要でした。これもラッキーです。

これが夜景です。ホテルのうたい文句は、
「大阪でいちばん夜景のきれいなホテル」だそうです。
さすがに私の写真より、ホテルのHPの写真の方が格段にきれいです。(笑)


こちらがホテルのHPの写真


さて、明日から2日間、こんどは飯田橋の「モリサワ」さんのフェアに出展します。
ゼロックスさんのブースの片隅です。アイロッピーをやろうかな?
実はまだ出し物を決めてないのです。その場の雰囲気でいかようにも
アレンジできるように準備をしてきました。


(6/7)

来週の火曜日から金曜日まで大阪に行ってきます。
サインエキスポ2016という、看板屋さんのフェアです。
そのため、その4日間は出荷作業ができなくなりますから、
お急ぎの御注文があるかたは、お早目にご連絡ください。

今回は完全な単身赴任のため、それなりに作戦をたてています。
すなわち、徹底的に簡略化すること。
それから、心することは、決してしゃべりすぎないこと。(笑)
もうひとつ、腰だけは気を付けること。(汗)

チラシや実演道具を忘れても、最悪の事態は避けられるでしょうが、
ぎっくり腰を起こしてしまったら、出展そのものが危ぶまれますからね。

簡略化ということで言えば、いつものように飾り棚を設けず、
前面のテーブルだけで済まそうと思っています。
壁面はポスターを張っておしまい。

3m四方のブースで、前面3m全部をテーブルにしました。
120cmの会議テーブルと、180cmのカウンターテーブル
120cmの方に仕上がりサンプルを並べ、180cmの方で実演をします。

それにしても、サンプルを並べるのに、なにか良いものはないかな?
と思って、今日はニトリを物色してきましたが、

ありました、ありました、うってつけのものが、
さすがニトリさん、お値段以上のものを見つけました。(笑)



これ、シューズラックです。お値段1つ1843円、安い!
組み立て式で、軽いし、丈夫だし、文句のつけようがありません。
おまけにA4ジャストサイズで仕切りがあり、
チラシも横2列に並べて置くことができます。

奥行きが薄いので、倒れやすのではと心配しましたが、
重心の取り方が優れていて、上段にある程度の重さのものを置いても
倒れるような気配がありません。これはスグレモノ。

ちなみに手前のスチールラックも同じくニトリです。
これは1420円で、調味料ポットが3つ付いてます。
これもお値段以上ですね。


シューズラックを横からみると、こんなに薄い。


チラシが置けるのがわかったので、サンプル棚としてだけでなく、
実演台の方でも使おうと思い、
また明日ニトリに行って、もう一つ買い足してきます。
ぞっこん惚れ込んでしまいました。(笑)


(5/26)

レタりんのパッケージですが、
プロのデザイナーさんに作ってもらうことができました。



やっぱりというか、予想通りというか、
レベルが全く違いますね。
私が作ったのとでは、売れる数が100倍は違いそうです。
ということは、大ヒット商品になるかも。(笑)

転写とか、グッズプリントとか、全く関係ない人にも
手にとってもらえそうな気がします。
もちろん、説明を読むまでは、どんな商品かわからないはずですから、
まさに商品力というのではなく、デザイン力の勝負です。
パッケージデザインというのは大切だなあと、つくづく思いました。

この商品は、モノを売って儲けるということも大事ですが、
それ以上に、私のやっている仕事を世の中に知ってもらうという
役割が大きいのです。

そのため、デザイナーの方にお願いしたのは、
ピクアのホームページにどんどん来てもらうようなパッケージに
してください、ということでした。
そのため、あの手この手でHPに誘導する仕掛けがしてあります。

その一つは、正面には「HPに動画がありますよ」というメッセージ、
サイドには「HPのQRコード」を載せて、スマホで撮れば
即、ピクアのページが開くようにしてあります。

さてこれで「使用説明書」以外は全部できました。
一番やっかいな説明書作りにこれからとりかかります。
早ければ6月中には発売にこぎつけることができるかもしれません。


(5/19)

今日は私の67回目の誕生日でした。
自分の誕生日のことを書くのは初めてかもしれません。

娘がケーキを買ってきてくれて、写真も撮ってくれたので、
照れくさいけど、憚りながら公開させていただきましょう。(笑)

こんなプレートを書いてもらって、
6と7のローソクをたのんだら、お店の人が笑ってたそうです。





親父が亡くなった歳までたどりついたので、
ひとまず人の一生は全うできたことになります。
あとはおまけの人生。
(この考え方は変かな?(笑))

それにしても、この歳になると、
落語の「饅頭怖い」ではありませんが、
あまり怖い物は無くなります。

その筆頭が「年賀状」
若いころは、出していない目上の人から来ていたらどうしよう、と
元旦のポストに年賀状を取に行くのが怖かった。(笑)
しかし、もうほとんどの人が私より年下ですから、
そういった怖さからは解放されました。(笑)

もう、いつ死んだって、とりあえず一生分は生きられたのだから、
損した、と思う必要もありません。(笑)

この近況報告にしても、そうとう憚らずにいろいろ書いてます。
これも怖い物知らず、のひとつでしょう。
もう、何だって書けちゃう。(笑)

・・・

私はこの歳になっても、よく人から
「若く見える」と言われます。
てっぺんは相当白くなりましたけど。(笑)

それに関するエピソードはいくつかあるのですが、
20年近く前、ですから47歳ごろでしょうか、
その当時勤めていた会社の社長さんは、
ときおり私を人に紹介するときに、
「わが社のハカセ」って言っていたのです。

別に大学のドクターを出たわけではありませんが、
「ハクシ」ではないから、経歴詐称にはならないでしょう。(笑)
まあ、ひとつの愛称ですね。

お客様を集めて、セミナーを催したときに、
「技術的なことは、これからわが社のハカセがご説明します。」
なんていう紹介をされて、皆は、おそらく鉄腕アトムの
お茶の水博士のような人が出てくるだろう、と思ったとのことです。
(これは後からお客様から聞いた話です。)

すると、まず、若い助手が出てきて話し始めた。
この後に「ハカセ」が登場するのだろうと思っていたら、
そのまま話が終わってしまった。
後から聞いたら、あれがハカセだった、というオチなわけです。(笑)

・・・

私なりに、なぜ若く見えるのか?なぜ人は老けるのか?と
いうことを考えたことがあります。

私の論理は、威張ると老ける、というものです。

サラリーマンの場合、係長、課長、部長・・・と、
だんだん偉くなっていきます。
そうすると、職務上いたしかたの無いことかもしれませんが、
部下に対して威張るようになってくる。態度も言葉遣いも。
その時は顔だって、おそらく笑っていません。

そのうち一日中威張るようになるから、笑顔を忘れてしまう。
ひょうきんな気持ちも消し飛んでしまう。

これがいけない。

威張るたびに老けていってるんだと思います。
威張らなくて良い職務に着いている人は、
若い感じの人が多いのではないでしょうか。

私の場合は、幸か不幸か、たった一人でやってますから、
威張りようがありません。(家族からは威張られてるけど。(笑))

上下関係は人を老いさせる。
これが私の結論です。(笑)


(5/8)

なが〜いゴールデンウイークも今日でおしまい。
なごりを惜しんでいる人もたくさんいることでしょう。
みなさんはどんな楽しいことがありましたか?

私はというと、まったく遊ばなかったと言うとウソになりますが、
大半を仕事に費やしていました。
去年のゴールデンウイークは、やっぱり仕事まみれで、
ピクアル用の水ローラー(リカールローラー)を
作っていたことを思い出します。100円ショップを回って。(笑)

そして今年の連休は、またまた新製品の発売準備に
明け暮れていました。

こんどの名前は「レタりん」です。(だんだん幼くなっていきますね)



こりもせず、またコンシューマー市場を狙います。
(いつだったか、もうこりごり、二度とやらない、って言っていたのに)

それはスタンピカのときです。
あのときは18,000円、これなら個人でも買えるだろう、
と思ってTハンズさんなどに行ってみたのですが、
1万円を超えるようでは、お店に置いておいても売れない、
と言われて、それなら安くしようと9,800円にしてみたり、
すったもんだやったのですが、結局、お店置きはあきらめて、
通販でBtoBのみということになったいきさつがあります。

ですから、現在のアイロッピーにしても、
はなからコンシューマーのことは考えずに、
営業効率のことだけを考えて5万円という値段にしました。

この値段以下だと、個人の直販では無理があることが
スタンピカのときにわかったのです。
すなわち、2万円だから20万円の10倍売れるかというと、
まったくそんなことはなくて、せいぜい2〜3倍です。
これでは商売にならないのです。たべて行けない。

・・・

で、今回はなぜ懲りもせずコンシューマーなのかというと、
ピクアルの技術(画像だけに糊が塗れる)の本質は、
機械を全く使わずに、何百万円ものダイレクトプリンターと
同じ仕事ができること、ということに改めて気づいたからです。

それなら、徹底的に安くして、全国津々浦々、
だれでも知ってる、みんな持ってる、そんな商品にすることは
できないだろうか、と思ったのです。
(そんな虫の良いことを考えるのは私ぐらいしかいないかも。(笑))

そこで作ったのが「レタりん?」です。
お値段、2,980円!

キリヌキの文字や、カラーイラストが、たった2〜3分で
どんなものにも転写ができます。機械はまったく不要。
オリジナルグッズもあっという間にできちゃいます。

この値段は、とてもひとりで通販で売るには無理があります。
したがって、ピクアでは売らずに、すべてお店売りにしようと
思っています。すなわち、全部卸販売。

ということはつまり、扱ってくれるお店が現れなかったら、
この商品は世に出ないことも意味しています。

卸売りですから、利益は直売にくらべてガクーっと減ります。
すなわち、せっせと大量に作れるかどうか、が勝負どころです。
とりあえず考えているのは、初回ロットは
500個にしようか1000個にしようか?
不良在庫の山、という慣用句も頭をよぎります。(笑)

幸運にもお店に出回った暁には、
ぜひひとつ買ってください。お願いします。
発売予定は7月ごろです。


(5/5)

今日はこどもの日、朝から良いお天気です。

小学6年生の少年からプレゼントをもらいました。


埼玉県秩父の長瀞(ながとろ)みやげです。
名産のロー石で作った小さな置物です。
小学生最後の、長瀞の遠足のときに買ったものです。
6年生にとっては、おこづかいで買えるギリギリの
値段だったのでしょうね。

その少年とは、55年前の末松少年、わたしです。(笑)

先日の引っ越し騒動(未遂)の時に、棚の隅から出てきたのです。
あるときは引出しの中にしまわれ、
あるときはダンボールのごちゃごちゃの中に混ざり、
棚に置いてもらえたときも、一番奥の隅っこにひっそりと置かれ、
それでも55年間、捨てられもせずに長らえてきました。

昨日みつけて、ふと手に持つと、ほどよい大きさと重さで、
どうやらペンを差して使うような穴も開いている。
これはもしかしたら、すごく便利かもしれないぞ、と思い、
さっそく机の上に置いて使ってみました。



これが実にうってつけの便利さです。小さくて重いのが良い。風情もあるし。
毎日使うボールペンを、これまでは後ろに見えるバケツの中に入れ、
その都度探し出して使っていましたが、その苦労から解放されます。
そのほか、ちょっとしたペーパーウエイトにもなりそうです。

それになにより、思い出というエッセンスが混じっているのが最高です。

おみやげっていうのは、そういうものなのですね。
高価な必要もないし、何個もある必要もない。
こんなちっちゃな、たった1個の置物でも、
その日、その時の楽しかった思い出、川下りの船や、岩畳、
お土産物屋さんの情景がまぶたに浮かんできます。

つくづく、思い出を思い出す歳になったのだなあ、
と、思います。


(4/24)

先週の土曜日、23日に母親の17回忌を執り行いました。
菩提寺は福岡・姪浜の清楽寺さんなのですが、親戚が関東圏のため、
練馬区の桜台にある、同じ臨済宗の広徳寺さんで法要をお願いしました。



2万坪という広大な境内を持つこのお寺は、都内最大級の広さを誇り、
江戸時代の数々の大名家(織田・前田・柳生・・)や、
作曲家の近衛秀麿の菩提寺でもあります。

境内にはちょうどぼたんの花が咲き誇り、
良い匂いが一面に薫っていました。
というわけで、今日はぼたん便りということになります。(笑)













法要が終わって、出席した全員にお抹茶をたてていただき、
いろいろ興味深いお話しをうかがったのですが、その中でも
番犬として家族の一員になった、柴犬の「黙念君」が
行方不明になったお話しは、「名刹広徳寺お犬騒動記」という
タイトルで一冊の本(222ページ)にまでなり、いただいて帰って
そのおもしろさに一昼夜で読み終えました。

和尚様と、その周りの方々の優しい気持ちや行動が
飾り気のない文章で綴られており、
最近下がり調子な気持ちが、非常に癒されました。



(4/10)

桜も散って、本格的な春がやって来た感があります。
もうこの暖かさは本物でしょう。セーターを着てると暑い。

ところで、末松、めっぽう働いています。(笑)
ここのところ、がむしゃらに営業に回ったり、来客でのデモをしたり、
この一か月間の動きは、これまでの1年分の営業に相当するかもです。
(ちょっと言い過ぎかな?)

というのも、動機は単純で、最近の売上がダウンしているからです。
(あ、前にも言いましたね。パチンコ玉理論とか。(笑))
それを挽回するために考えたのが、アイロッピーです。

つまり、もう自分で売るのは限界を感じていて、
人に売ってもらおう、と考えたわけです。

今までの高額なセットは、あれもこれもできますが、
半面、材料もレシピも多すぎて、なにがなにやらわからなくなる、
という欠点も持っています。
これでは、とても人に任せては売ってもらえません。

そこで、機能も道具も材料も絞りに絞って最大公約数的にして
値段も出来る限り安くしたのがアイロッピーです。
取扱い説明も、ビデオとテキストで完璧を期し、
これならアフターフォローの手間がかからないので、
誰が売っても大丈夫、売りっぱなしにすることができます。

人に売ってもらうということは、卸販売をするということになります。
したがって、売り込み先は、これまでのエンドユーザーから、
代理店と呼ばれる販売会社にシフトを移しました。

そうは言っても、代売の場合は、売り込み=即売上
というわけにはいきませんから、並行してエンドユーザーへの
営業も行わなければなりません。

しかも、それに使うチラシを作ったり、
売れたら減っていく(あたりまえ)道具や材料を補充したり、
何から何まで私ひとりでやってるわけですから、
そりゃ〜もう、忙しいのなんのって、
猫の手も借りたいという言葉もありますが、
まさに今はそんな感じです。

・・・

先週初めに営業に行った既存のお客様の事務所で、
たまたま納品に来た印刷資材会社の営業の方とお話しができ、
面白い商品だから本社にプレゼンに行ったらと言われ、
一昨日行って、デモをしてきました。

話しははずみ、さっそく得意先にチラシを配ってくれるという話に
なったのは良いのですが、その数なんと4万軒。

いや、いや、それはちょっと無理。
なぜかって、万一どどっと注文がきたら(あり得ないかな)
そんな数はとても作れないからです。

なんたって、接着剤などは、私が倉庫にこもって、
バケツに材料を調合して、ケーキベラでかき混ぜて、
じょうごで一本一本ボトルに詰めて作ってるのですからね。
紙だって、5、10、15、20って数えて袋詰めしてる。

シリコンローラーにしても、ホームセンターで丸棒を切ってもらい、
シリコンホースを切って、その棒にかぶせて作ってるし、
アイロンのテフロンシートも、手作業でカットして貼ってる始末。
典型的な家内工業で、従業員は私ひとり。(泣)

ということで、とりあえずは月末の請求書に同封してもらうことにして、
それでも4000枚だそうですから、ちょっと冒険ですね。

それにしても、代売を成功させようと思ったら、
こういった作業をすべて外注に出して、
「量産」体制を作ることが必須条件です。
なぜなら、直売と比べて利益率が低いので、
数を売らないことには商売にならないからです。

幸い、ある程度の量なら、知り合いに頼んで作ってもらえることに
なっていますから、そう心配はしていませんが。

ということで、早くこの商品が私の手を離れて、
一人歩きをしてくれる時が来るのを待っています。
(できるかなぁ〜?)

そうすれば、私も長期休暇をとって、
念願の「旅」に出られるかもしれません。(笑)


(3/25)

ひさびさに新技誕生です。
熱風転写(笑)

この陶器類は今までの技術、電気オーブンで陶器を熱して、
その熱で転写したものです。
100℃で5分ほど温めると転写できます。

実はここだけの話、マグカップに熱湯を入れて、
熱くなった表面に押し付けても転写できます。
これは昔、「お湯っぴー」という名で売ろうとしましたが、
熱湯がこぼれてやけどをする可能性があるのでやめました。


オーブンに入れて熱することのできるものは限られています。
陶器にしたって、中に入らなければアウトです。
ましてや、プラスチックや紙などは、かなりまずいでしょうね。
やったことはありませんが、推して知るべしです。

かといって、アイロンで熱をかけられるのは平らなものだし、
以前やっていたホットスタンプにしても、大きなサイズは苦手だし・・・

そこで登場、ヒーティングガンです。
これは3000円で売っている250℃の熱風が出るものです。
デパートのハンコ売り場に行くとあります。
ピクアでも売ってますけど。(笑)

それで素材を加熱して、手袋をして(熱いから)
転写紙を素材に押し付けます。



まんべんなく押し付けたら、
紙に水を塗って20秒待ってはがせば出来上り。
いたって簡単でした。


ためしにうちわにやってみたら、
これまた簡単に転写しました。


これなら、熱に弱い素材でも大丈夫な気がします。
まあ、あんまり大きい面積は大変というか、無理でしょうけれど、
ほとんどの素材はこの方法で行けるのではないだろうか。

おまけに、転写した後、このヒーティングガンで画像面を加熱すると、
より画像が強く密着します。金属やガラス、陶器に利用できます。

これは、アイロッピーのタフバインダーという接着剤で転写します。
タフなやつが、やってくれました。(笑)

みなさん、アイロッピーは面白いですよ。
ぜひ買ってください。
「近況報告見た」でお安くします。
それから、今までご購入いただいた方には、
近々サービス品が届きます。おたのしみに。


(3/21)

今日はお彼岸。ピクアの前の草むらにも
つくしんぼが出てきました。
これはまだほんとに生まれたて。


生まれたてといえば、一昨日の真夜中に珍事が起こりました。
珍事といっては失礼なのですが、
生まれて初めて、お産のお母さんを車で病院に運んだのです。
まるでドラマ。

長女が、友人にたまたまメールを入れたら、
今ひとりでうなってる、実は今日は予定日だという話。
旦那さんは帰ってきてないし・・・
という事だというので、
そりゃーまずい、車で行ってあげた方がいい、
と、早速2人で隣町の彼女の家に駆けつけると、
もう一人の先輩も駆けつけて来て、
さっき破水したというので、
そりゃ〜大変、とにかく早く行こうと、
20分ぐらい走った先の、日赤病院に連れて行ったというわけです。

無事めでたく、その明け方の4時に女の子が生まれたそうです。
まずは無事に事が運んで良かった良かった、と
胸をなでおろしました。
運転している途中、助手席に座った長女は私に
「落ち着け、落ち着け」「集中、集中!」と言いっぱなし。
よっぽど信用してないんでしょうね。(笑)

・・・

今日は、さっき埼玉県の和光市であった演奏会から帰ってきました。
うずら児童合唱団&みどりのそよ風児童合唱団
の演奏会でした。

伴奏を室内合奏団が行い、奥(フルート)や
仲間の弦の人が出るというので、
気分転換に行ってこようと思ったのです。

たいへん、たいへん素晴らしい演奏会でした。感動した。
歌とお芝居を交えた童謡詩劇です。

どういう趣旨なのかと、かいつまんで言うと、
和光市の生んだ童謡詩人「清水かつら」という人にちなんで、
その功績を継承していこうと作られた合唱団なのです。

清水かつらと親しくしていたのが、作曲家の弘田龍太郎、
すずめの学校、叱られて、とおせんぼ、靴が鳴るなどを作った人です。
その一曲にみどりのそよ風があります。私はこの歌が大好き。

物語は、かつらの家に弘田龍太郎が訪ねてくるところから始まります。
それをかつらのお母さんが出迎えて、近所の子供たちとわらべ歌を
歌ったり、遊んだり・・・
途中、紙芝居屋さんが来て、懐かしい鞍馬天狗の紙芝居を見たり。

で、何に感動したかというと、
清水かつらや、弘田龍太郎の童謡が、
その当時の一面に広がる畑や林といった
まさに自然とひとつになった歌だということを感じたからです。

歌を聞いていると、まぶたに田舎の自然の風景や、
その中で遊ぶ子供たちの姿が見えてきます。
その時その時の景色や鳥や、遊んでいる子供の姿を
なんの飾り気もなく、素直に曲にしたんだなあ、
と思い、その純朴さに感動したというわけです。

みどりのそ、よ、か〜ぁぜ、いーい日だね〜
すばらしい詩とメロディーですね。


(3/10)

昨日お見えになったお客様から、思わぬことを聞きました。

その方は体育会系(笑)で、なんと趣味はボクシング!
ガッツ石松さんとも飲み仲間だとか!!
たぶん趣味の域を出てるんだろうなぁ。
おまけに、ゴルフも趣味で、おそらく相当の腕前と思われます。

そこで、私が以前、ゴルフボール転写に凝っていて、
私自身はゴルフをやらないのに、あつかましくも
ゴルフフェアなどにも出展した、といった
話しをしていたのです。

しかし、その後ぱったりとゴルフボールの転写はやめてしまいました。

その原因は、私はゴルフをしないので、ゴルフ好きの友人に頼んで
転写プリントしたボールでコースを回ってもらったのです。

で、結果はどうだった?と聞くと、
「やっぱり画像はとれてしまった。」とのこと。

そりゃ〜そうだろうな、ゴルフショップに行って、
売っているロストボールを見ても、
印刷したものでさえ取れているので、
まあ、それはしかたないことだろうな、と思ったのですが。

しかし、友人の次の一言で、あ、やめた!と思ったのです。
それは、
「ヘッドにもトナーがついて、まあ、雑巾で拭いたら落ちたけど、
”クラブを大切にしている人はいやだろうね”」

あ、嫌がられるのはきらいなので(笑)、やめた!

といったいきさつがあったのです。

ところがその話しをすると、
ヘッドなんて、プレーが終わったら汚れまくってますよ。
土や芝や、マーカーのインクも着くし、印刷したインクもついてる。
家に帰って、それをサンドペーパーでこすって、
きれいにメンテナンスするのも楽しみの一つですよ。

ということだそうなのです。
やっぱり、知らない世界の事情は全くわからない。
今の今まで、プレーが終わったあとのヘッドも
ピカピカに光ってるんだろう、とイメージしていたのですから。

というわけで、こりゃ〜やらなきゃ損だ(笑)と思い、
さっそくアイロッピーのオプションに付け加えることにしました。

当時はホットプレートを使った「スタンピカ」でやっていましたが、
そのホットプレートがメーカー終了になってしまったため、
今度はアイロッピーのアイロンを使います。

今日はホームセンターに行って、木を切ってもらい、
こんなアイロン台を作りました。



そこに、アイロンをこんなふうに置いて、その上で
ホットスタンプを温めます。



このスタンプを使って、タフバインダーで転写します。
ボールが白いから、この場合、白打ちは要りません。
バインダーを塗って、そのままダイレクトに熱圧着です。



仕上げはクロスプライマーをコーティングして出来上がり。
以前には無かったウレタン系のタフバインダーがあるので、
当時よりは、よりボールの素材に近い仕上がりになります。



さて、これはどこに売って回ろうかな?
とりあえず、ゴルフショップチェーンを調べてみることにしましょう。

アイロッピーは、ボールだけでなく、ティーにも
クラブのバックや、ネームタグ、
手袋や記念品などにもプリントができるので、
コストパフォーマンスは良いはずです。


(3/5)

しばらくご無沙汰していました。
ようやく暖かさが定着してきたような気配、ですが、
まだまだ油断は禁物ですね。(笑)

この1月間は何をしていたかというと、
またまた新製品の発売準備をして、
3月1日に無事発売いたしました。

で、それは何かというと、
アイロンひとつで、オリジナルグッズが作れる
「アイロッピー」です。

アイロッピーと言う名前は、昔々使ったことがあって、
その時は布用の接着剤を、刷毛で画像部分に塗って、
アイロンで転写するというものでした。

その時は、白打ちもできなければ、刷毛塗りですから、
当然のことながら、文字などは周りに糊が着いた状態で転写されます。
(でも糊は目立たないというのが特長でしたが)

それにしても、完成度がいまいちだったため、
実際にはひとつも売らずにやめてしまったのです。

そんな名前が使われずに残っていたので、
今回、復活させてあげたというわけです。
その時は同時発売で、「お湯っぴー」っていうのもありました。(笑)
マグカップの中にポットからお湯を入れて、
その熱で、側面に転写するというものです。
これも、やけどの危険があるので、一つも売らずにやめてしまった。(笑)

で、今回は、そのリベンジも兼ねての新発売です。
内容はその時のものとは、全く違いますが・・・



今日はこのプロモーションビデオを作っていて、
さっきyoutubeにアップが終わったので、
一息ついているところです。

おひまなときにでもご覧になってみてください。
結構、マニアックですよ。(笑)

アイロッピー
プロモーションビデオ


(2/11)

ピクア工房が完成しました。



セミナールームにしようと思っていた部屋です。

引っ越しをしなくなり、隣の部屋との連結と、
大型の家具やスチールラックが移動できず、
大勢を招き入れる広いスペースがとれなかったため、
この際、転写シートを作る工房にしてしまおうと思ったのです。

しかし、これで当初予定していた、
「私以外にも、単独で仕事ができる部屋」を作ろう!と
思っていたことが実現しました。

まだこの週末に2つのことを追加します。
それは、右奥に見えるラックの下段に、
転写紙を乾かすラックを設置します。(土曜日に到着予定)

もうひとつは、この部屋は隣の台所と、扉の無い一体型のため、
エアコンの効率が極めて悪く、スースーと寒い為、
アコーデオンドアを取り付けます。それも土曜日着です。



その二つができたら完了です。

いや、実に楽しいですね。
今日のお昼は、ここでお弁当を食べました。
さっきもここでお茶を飲みました。

数日前まで、ぐちゃぐちゃの倉庫然としていた部屋が、
こんなに居心地の良いスペースに変わるとは!
あ〜もっと早くやれば良かった。
4年間も無駄にしてしまいました。

つまり、引っ越ししなければできなかった訳では無く、、
ただ単に、私がやらなかっただけだった訳です。

さて、これで受け入れ準備は完了、
あとは肝心の注文がくるかどうかです。
それが問題だ。(笑)


(2/9)

パチンコ玉を13個漂わせるために、(笑)
このたびピクアも、加工サービスを始めました。
そのチラシがこちらです。



これは、ピクアが提唱している「テイクアウトプリント」の
パッケージデザイン会社向けバージョンです。

やってみる理由のひとつは、人にばかり勧めていないで、
自分でも実際にやってみて、はたして本当に
「行けるビジネス」なのかどうかを検証するためです。

幸い、パッケージデザイン会社のお客様は
過去に100社以上の実績があるため、
まずは取引き先に対してPRを開始しました。

ところが、実際に細かい部分まで考えてみると、
この「テイクアウトプリント」ビジネスというのは、
いろいろ難しい問題が潜んでいます。

一番大きな問題点は、画像の内部に「白い部分」があると、
その部分には自動的に白打ちができないため、
VINCIという白・透明トナーを搭載したプリンターが必要になることです。

それが無い場合は、お客様からは、白い部分の無い原稿を
作ってもらわなければなりません。
もしくは、キリヌキの白打ちではなく、
全体に白打ちをする形で作って、
後で手でカットしてもらう方法になります。

まあ、これは、奮発してVINCIを買えば済む問題ですが、
もっと厄介なことがありました。

それは、「書体」の問題。

当然のことながら、お客様のパソコンと、お店のパソコンでは、
中に入っている書体が異なります。
偶然同じ書体を持っていれば、作った原稿通りの転写シートが
できますが、その書体が無い場合は、何かテキトーな書体に
代替されて出来上がってしまいます。

そのため、その「業界」(笑)では、イラストレータのソフトを使って、
文字を「アウトライン化」、要するにテキストでなく、画像に変えて
印刷屋さんなどに送って、印刷してもらうのです。

ところが、これはイラストレータがあるからできることで、
一般の人が使っているワードやエクセルでは、できないことです。

それならアクロバットを使って、PDF形式にしたら、
と考えますが、それだと背景全体が四角形に白打ちがされて、
文字だけが切り抜かれた形になりません。

ということは、このビジネスは、イラストレータを使うレベルの
ある意味「プロ」の世界のサービスなのかもしれません。

ということを考えているのが、昨日今日のことですから、
さて、それではどうやって問題をクリアして行くか、ということは、
これから先の話になります。

いずれにしても、自分でもやってみよう、と思って
やり始めて、はじめて気が付いたことですので、
まだまだどんな壁にぶち当たるかもしれません。

セミナールームを作ろうと思って、
今いっしょうけんめい片づけている部屋は、
どうやら転写シート工房に変わりそうです。(笑)

////////////

後日談(まだ当日ですが・・(笑))

その後、書体の問題について考えました。

VINCIを使ってすべての文字に透明トナーを重ねて作ろう、
と思っていたので、書体の問題にぶつかったわけです。

よく考えてみたら、文字というのは、
そう薄い色のケースは無いので、
PDF形式で送ってもらって、普通にプリントして、
白箔で裏打ちすれば良いだけ、ということに気が付きました。

色の濃さを20%以上にしておいてもらえば済むことです。
写真と文字を混在させないようにしてもらうことも大切です。

また何か良いアイデアが湧いたらお知らせします。


(2/2)



突然のレトロなパチンコ台、相当古いね、
いったいこれは・・・

新しい営業理論を考えついたのです。

ここのところ、ピクアの売り上げが低迷しています。
こりゃ〜、あれこれ新技術ばかり考えていないで、
売って回らなければいけないなあ・・・

16年前に独立してピクアを始めたときもそうでした。
そのときはマイナスからのスタートだったので、
来る日も来る日も、車に実演道具を積んで、
デザイン会社や飲料メーカーを回っていたのです。

それから16年、時代も環境も大きく変わりました。
さて、これからどうやって営業をして回ろうか、と
いろいろ考えているうちに、
そうか・・・
と思い当ったことがあるのです。

昔(25年前)デザイン用品を発明して、売って回っていたころ
ある営業理論を発見しました。
販売というのは、苦労して売り込むのではなくて、
見ただけで欲しいと思って、買ってくれる人を
探して回る仕事なんだ、ということを。

詳しいことは、このHPの「徒然草・セールス編」にゆだねますが、
つまり、この会社に売り込もう、と思って一発必中を狙ったって、
しょせんそれは自分の思い上がり、そうそう売れるはずは無いし、
売れなかったときの落ち込みも相当なものです。

パチンコだってそうです。この穴に入れよう、と思って狙っても、
ほぼ絶対に入りません。

私はパチンコはやらないのですが、大学生時代に何度か
やったことがあります。この写真はその当時の台です。
左手で玉を穴から入れて、右手でレバーをはじいて打ちます。

その当時聞いた、パチプロのテクニックはこうです。
プロは常に13個以上の玉を、盤面に泳がせておくのだそうです。
うそかまことか(笑)
するとその玉同士もはじき合ったりして、穴に入るのだそうです。

どの穴に入れよう、と思って打つのでなく、
穴に入れることは考えずに、常にたくさんの玉を漂わせておく。
するとどれともなく、必ず入る玉が出てくる。

これですよ、これ。

しゃかりきになって売ろうと思わず、
とにかく、アポイントを取って、お客様に出向き、
実演を見てもらっては、次のお客様に出向く。

常に13件(笑)以上の実演済ユーザーを作っていけば、
そのうち、1件、2件と買ってくれるところが現れるはず。

考えてみたら、これまではフェアが終わってしばらくしたら、
もう、そういった意味での見込み客は
ほとんど無くなっているのですから、
いわば盤面には玉が1個か2個漂っているだけです。
これじゃあ、入るわけはないでしょう。

常に13件以上の実演済みユーザーを抱えている状態を作るには、
ほんとに次から次に実演をこなしていく必要があります。
実演を見たけどいらないという人は、下まで落ちていって
消えてしまった玉です。

ということで、長くなりましたが、まずは有望業種からの
見込み客リスト作りです。
そして、もう先月の末から、実施を開始しました。

さて、このパチンコ理論、どういう結果が出るでしょうか。
今のところ、有望な見込みが徐々に出始めています。

ここのところの頭の中は、
盤面に漂う13個のパチンコ玉で
いつもいっぱいです。(笑)


(1/15)

え〜、突然ですが・・・

ひっこし、やめました。

(あらら、どうしたの?)

昨日、大家さん(東急住宅リース)の担当者さんと電話をしていて、
急に、引っ越しすることがいやになったのです。

きっかけは、手続のめんどくささでした。
(でも、それは直接の理由ではありません。)

部屋を移るだけなのですが、原則としては新規に借りることに
なるので、それなりに書類を揃えなくてはならないとのこと。

会社で借りるので、会社の謄本や、決算書、印鑑証明、
人が住むので、住民票や収入証明、運転免許のコピーや印鑑証明、
娘に保証人になってもらうので、その住民票や収入証明、印鑑証明、
部屋が変わるから、火災保険の手続きも。
それを来週いっぱいに揃えて、申込み書を書かないとならない。
来週は20日(水)から厚木でフェアがあるというのに。

うわ〜、めんどくさい、もういやだ。

そこで、引っ越した場合と、引っ越さない場合の
メリット・デメリットを書きだしてみたのです。

メリット2つ
デメリット山ほど。(汗)
長くなるので、詳細は省きますが・・・
こりゃ〜やめた方がいいという結論に。

それで、電光石火、決心して、すでに打ち合わせを終えていた
東急住宅リース、引っ越しやさん、リフォーム屋さんに、
キャンセルの電話を入れたのです。(この間わずか10分ほど)

あーー、スッとした!
これで、もう膨大に大変な引っ越し作業をしなくて良くなった。
自由だ〜〜〜〜!!!
っていう気分になりました。ほんと、ものすごく嬉しい。
実際、この膨大な量の荷物をまとめるのは
無理だったかもしれない。

それでも、わずかに、やっぱり膝のことを思うと、
これで良かったのかなあ?
と心の片隅で思っていたのですが・・・

今日は快晴で、ピクアの窓からもさんさんと陽の光が入ってきます。
出荷の仕事があったので、倉庫に作業に行った帰りに、
ふと、ピクアの入っている団地を見てみると・・・

それがこの写真です。



各階、3軒ずつあり、2階の一番奥が現在のピクアです。
そして、1階の真ん中が引っ越ししようと思っていた部屋。
な、なんとその部屋だけ陽が全く当たってなくて真っ暗です。

手前の建物の影で、この季節は1日中陽が当たらないのです。
この団地の売り文句は、3室南向き!というものですが、
これじゃあ、まったく意味が無いではありませんか!

腰や膝のために1階に移る、といっても
こんな湿気が多そうな部屋に住んだら、
余計悪化してしまうかもしれないですね。

よ、良かったぁ〜〜〜

こういうのを「神の啓示」って言うんでしょうね。
手続の書類がめんどくさくなかったら、
たぶん契約をしてしまっていたことでしょう。

・・・

ということで、引っ越しする予定だった部屋も、
今と全く同じ間取り(左右反転ですが)ですから、
考えていた「セミナールーム」は予定通り作ります。
事務室やキッチンなどはまったくそのまま、
奥の部屋の家具を移動させるだけです。

それでも棚の中身は全部出さないと動かせませんが、
今度は期日が限られていませんから、
マイペースで、できるときにゆっくりやるつもりです。

一昨日載せたレイアウト図は、
左右反転すれば、新しいピクアの間取りになりますから、
そのまま載せておきましょう。

ま、たまにはこうやって、
即断することも悪いものではありませんね。(笑)


(1/13)

引っ越しの準備は、ゆっくりですが着実に進んでいます。
今回の主目的は、足腰の養生のために階段を減らす、
ということですが、もう一つあります。

それは、セミナールームを作ることです。
部屋の真ん中に、大きなテーブルをひとつ、どーんと。(笑)
そして、その部屋はいつも片付いた状態に保つ。(できるかなあ?)

それがどういう意味を持つか、というと、
私の営業時間(売るための仕事時間)が確保できるのです。

ひとりで会社をやっていると、一か月というのは本当に短いです。
ちょっと何かすると、もう他の仕事時間が割かれてしまいます。
つまり、売って回るための時間を作るには、
他のことで時間を割かれてはだめだということです。

あらゆる仕事、あらゆるビジネスにおいて、
絶対的に優先されることは、売ること。営業です。
これに異論を唱える人は、おそらくいないでしょう。

人間をやって行く上で、絶対的に優先されることは、
食べることです、とほぼ同じではないでしょうか。

今は人が居られるスペースというのは、私の机や
接客テーブルのある「事務所」だけです。ということは
この会社の中には私一人分の仕事場しかありません。

私が仕事をしているのと同時進行で、
だれかに他の仕事をしてもらおうと思ったら、
その人が居られるスペースが必要です。

つまり、こんどのセミナールームは、
私以外の人が、私に関係なく、他の仕事をこなせるための
そういったスペースなのです。

具体的に言えば、商品を買っていただいたお客様に
使い方の説明をしたり、または、
せっかく持っている白・透明トナー搭載のプリンターを使って、
グッズに転写プリントをする仕事も受けられるかもしれません。

その間、私は別の部屋で、新しいチラシをデザインしたり、
せっせとDMの資料を作ったり、ぱっと飛び出して、
お客様のところにデモンストレーションに行ったり、
つまり、売るための時間に当てられるわけです。

つまり、一部屋使える部屋を作るということは、
ピクアの営業能力が2倍ぐらいに増えることを意味しているのです。

ですから、なんとしてでもモノを捨てて、
空き室を確保しなければなりません。
断捨離にも気合が入ります。(ずいぶん捨てましたよ)

ということで、文字ばかりだと退屈でしょうから、
サービスビジュアル(笑)新しいピクアの間取りです。
こういうのを考えている時間が楽しいですね。



(1/1)

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

昨年中はひとかたならぬお世話になりありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





これは相変わらずの借景です。(笑)
昨年暮の30〜31日に、家族4人で忘年会を兼ねて
福島県・新白河にあるブリティッシュヒルズ
旅行をした時の写真です。
新白河駅構内にあった飾り付けを拝借しました。
だるまさんの方は、駅の売店のショーケースの上に
飾ってあったものです。縁起の良いものに出会えました。

新白河までは、東北新幹線で東京駅から約1時間半、
そこから送迎バスに揺られて45分、
雪の高原の中に、「パスポート無しで行ける英国」が
広がっています。詳しくはリンク先をご覧ください。





とにもかくにも、新年が始まりました。
いろいろな意味で、わたしにとっては、
15年前に独立開業した時と同じ心境で、
心機一転、新しい気持ちで、ビジネスをスタートします。

その内容は、まだ輪郭がぼんやりしているのですが、
2月のピクアの引っ越しをひとつの機会ととらえて、
これから先、10年間の方向性を決めようと思っています。

今年も変わらぬお引き立てのほどを
よろしくお願い申し上げます。